オプション取引とは

バイナリー オプション 確率 論

バイナリー オプション 確率 論
第 5 位

バイナリー オプション 確率 論

ご興味あれば是非見てみて下さい☆

↓↓下のボタンから詳細ページに飛べます↓↓

automation

バイバイ\(^o^)/

バイナリーオプション等の投資についてや
トレード、手法、インジケーター、システム、ブログの感想などなど
気になることがあればインスタのDMで聞いてください。

※ブログより早く、リアルタイムで情報配信もしてます。

yu_youtube


超連打エントリー・解説は動画をチェック! チャンネル登録お願いします☆

yu_insta2


投資に関する 情報発信・LIVE はこちらをフォロー!

by ニートトレーダーユウ

あわせて読みたいおすすめの記事:

ニートトレーダーユウ プロフィール

ニートトレーダーユウ 海外在住。 基本的に家から顔を出しません。 一時期大量の借金を抱えて 家に危ない人が乗り込んできたことがあります。 上京して、今は投資(バイナリーとか)で 食べれるようになった田舎者。 ⇒ 詳しいプロフィールはこちら 2016年9月日給1000万達成 2016年10月日給2000万達成! 2017年10月日給3000万達成!!

最近の投稿

  • 【株式投資】最近流行りのすげー証券会社の話。
  • 裁量ってデータから生まれるもの。
  • 勝率を知ることが重要じゃないと思うあなたに!
  • 現在使っているシグナルツールで勝てないあなたへ!
  • 【AL Season2】公開に伴い先行宿題について
  • 【バイナリーオプション】レジサポライン?何それ美味しいの?
  • 【バイナリーオプション】水平線の使い方おまいら間違いすぎ。【手法】
  • 【バイナリーオプション】取引履歴公開。負けてるけど。質問集第二段。
  • 【バイナリーオプション】ユウさんなんでバイナリーはじめたの?
  • 【バイナリーオプション】新年明けすぎておめでとう。2019年は勝ちづらいぞ~。

アーカイブ

カテゴリー

おすすめ動画一覧

Copyright (C) 2022 バイナリーオプションで勝率90%を超えるユウの実践記|ニートトレーダーユウ All Rights Reserved. バイナリー オプション 確率 論

知らなきゃ損!【バイナリーオプション攻略法】検証後導入し利益額65%像

バイナリーオプション攻略法導入前後の比較g

ぱっと見テクニカル一致率

このぱっと見テクニカルを表示すると以下のように過去の相場との一致率が出てきます。(クリックで拡大)

ぱっと見テクニカル選択画面

さらにプルダウンで検索条件を変えれば時間軸やモデル予測など自分がそのときに見たいのものを瞬時に抽出してくれる優れモノです。↓

ぱっと見テクニカル選択項目

この分析方法は【形状比較分析】と呼ばれるもので、プロトレーダーの間では昔から使われてきたツールでした。しかし一般人が使うには膨大なデータとシステムが必要だったわけです。それが数年前から僕たち個人投資家でも使えるように各社に実装されてきたのですね。

単純に確率論になるので天気予報的な側面がありますが、天気予報を見ずに日々行動するのと毎日天気予報をチェックして行動計画をたてる場合を考えてみてください。大きな違いがありますよね。そのため バイナリーオプションにおいてFXツールを使わずに取引しているのであれば、知らず知らずのうちにチャンスを逃している可能性も あると言えます。

1.4 【最も勝ちやすい通貨】を狙う

続いては どうせ取引するなら【最も勝ちやすい通貨】を狙おう という方法です。これも未来予想ツールである【ぱっと見テクニカル】を使うことで実現可能。やり方は以下の通り。

①毎日チェックする時間軸を決める。できれば短い時間軸から長い時間軸まで見るのをオススメ。(推奨:10分足、30分足、1時間足の3つ)

②ぱっと見テクニカルで、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円の4通貨ペアをチェック。その際①で決めた時間軸を各通貨ともチェックする。つまりこの場合4通貨ペア×3つの時間軸=12回チェックするわけです。

③チェックする際は比較対象ペアが【全通貨ペア】、モデル予測は【比較】にする(下記画像。クリックで拡大します)【比較】にすることでその通貨ペアの第一近似から第三近似までが一発で把握できるため

ぱっと見テクニカル分析画面

比較対象ペアは【同一通貨ペア】のほうがより通貨の特徴を反映した結果になるわけですが、事前のバイナリーオプション検証時にここを変えても成績に優位な差が出なかったため、【全通貨ペア】にして幅広いパターンから近い形状を抽出するほうが良いと思います。

④4通貨ペアの中で最も短い時間軸(10分足)において、第一近似から第三近似までが同じ方向を示しているものをピックアップ

⑤④のなかで二番目に短い時間軸(30分足)の方向性が、最も短い時間軸(10分足)と同じなら攻める候補に。逆なら様子見決定。※攻めるべき通貨ペアが複数あれば一致率が高いものを選択して取引実行

1.5 【相場変動が起こりやすい時間】を狙う

バイナリーオプション攻略法を使って勝ちやすい時間はズバリ、ヨーロッパ市場のオープンからロンドン市場を経てニューヨーク市場のオープン後1時間程度まで。各市場ともにオープン直後は値動きが出やすい特徴があり、これは 過去のデイトレ検証時においても成績に優位な差が出ました

30分経過して同じ方向で加速するか、一瞬動いてもすぐにもとのトレンドに戻った際にはチャンスで、前述の使い方でぱっと見テクニカルをチェックして攻めると良いでしょう。逆に30分経過した時点で方向性が変わっていたり膠着相場になった場合には様子見すると無駄な負けを増やさずに済みます。

2. 攻略法導入前後の取引成績比較

バイナリーオプション攻略法を導入したことでどのように成績が変化したか、グラフを用いて説明します。事前検証期間約1年3ヶ月のうち、最初の4ヶ月は試行錯誤しながらの取引。その後バイナリーオプション攻略法を確立し、残りの9ヶ月は微調整して細かな修正を行いながらバイナリーオプション攻略法をさらに磨き上げました。

2.1 取引前の分析時間が半分に

まず最初に大きな差として体感できたのが 取引前の分析時間を大幅に短縮できたこと です。下のグラフを見てください。

バイナリーオプション攻略法導入前後の分析時間比較

バイナリーオプション攻略法導入前の分析時間は1回あたり平均61分。約1時間ほど分析に使ったうえで取引していたことになります。そして攻略法導入後はこれが34分まで減少しました。 おおよそ半分に短縮できた ことになります。

バイナリーオプションの良い点は、仕掛けた後判定時間になれば勝手に取引が終わるという仕組みであり、仕掛ける前にしっかり分析すればあとはほったらかしにできる、つまり時間が自由になるというのがメリットのひとつです。

2.2 1ヶ月あたりの取引回数が増加

続いては 取引回数がはっきりと増加したこと です。下のグラフを見てください。

バイナリーオプション攻略法導入前後の取引回数比較

バイナリーオプション攻略法導入前の1ヶ月あたり平均取引回数が6.4回だったのに対して、導入後は10.6回まで増えています。1ヶ月単位で平均を取ったのには理由があり、年末相場やお盆など通常時とは明らかに違う動きが出る相場もありますので、導入前後をそれぞれ合計して平均を出した方が比較として有効だと考えたからです。

取引回数が増えたのは バイナリー オプション 確率 論 バイナリーオプション攻略法の導入によって、それまで見えていなかったチャンスが見えてきた ということが大きいです。取引回数が増えても負けが増えれば全く意味がないわけですが、それはこの次に書く利益額の比較を見てもらうとわかると思います。

2.3 1ヶ月あたりの利益額が1.65倍に

こちらもグラフを見てもらうとわかりやすいです。1ヶ月あたりの平均利益額は、 バイナリーオプション攻略法導入前に+55,281円だったものが導入後には+91,245円、約1.65倍に増加 しました。

バイナリーオプション導入前後の利益額比較

これは先ほど書いたように それまで見えていなかったチャンスが見えるようになった ということが大きいです。さらに導入前は「チャンスかな?」と思えていたとしても少し恐怖感があって取引する勇気が出なかった取引がありました。それが攻略法の導入によって強い後ろ盾ができたというか、ツールの予想と自分の考えがあっていれば自信をもって取引したら良いのだ、と思えるようになったわけです。

つまり メンタル面においてもバイナリーオプション攻略法の効果が大きく、それが利益額に反映した わけですね。

3. まとめ

このように、バイナリーオプション攻略前後で自分の取引は大きく変わりました。なぜなら【ぱっと見テクニカル】を使うことで、市場が安定しているのか、それとも不安定になってきているのか、上昇する可能性が高いのか、下落する可能性が高いのかなど、過去のパターンから「将来どう動くか」ということが一発でわかるようになったからです。

さらに複数の通貨を見比べれば、どの通貨が最もリスクが低く利益が出そうかも判別できます。しかもその通貨が「買い」か「売り」かまたは「中立」かということまで一発でわかります。

さらに一致率という数値で過去のと類似性を見ることで攻めるべき相場と避けるべき相場を判断できて安心感を持てる、つまりメンタル面も自然に強化されました。過去の相場を知らない初心者の方でも、為替相場において良くあるパターンであれば一致率で瞬時に見て判別できますし、複数の通貨を見比べていけばどの通貨が最もリスクが低そうかも判別できるわけです。

つまり【ぱっと見テクニカル】で主要通貨を全て見ていけば、 どの通貨が待ちで、どの通貨がロングで、どの通貨がショートか ということが全て明確に把握できることになるわけですね。そして一致率が高い場合は取引して、低い場合はやめておく。こうすることで勝てる確率が高い通貨と方向性を絞り込み、無駄な負けを減らせるわけです。

またバイナリーオプションをやったことがない人にオススメの方法は、 最初は少額で投資しながら【ぱっと見テクニカル】を使ってバイナリーオプション攻略法を試す方法 。ロットは最小限にしておけば1回の取引における損失は数百円で済みますし、最初はそうして損失を小さく限定しておきながら【ぱっと見テクニカル】を使ったバイナリーオプション攻略法に慣れると良いと思います。

大事なことは目先の利益ではなく勝てるパターンを身に付けることです。そうすれば後から金額はいくらでも大きくできますので、 まずは安定感と安全性を確保するのが良い ですね。

そしてある程度バイナリーオプション攻略法に慣れてきて、利益も出てきたのでもっと投資したいということになれば、そのままの方法で金額を上げたり、一致率が高い場合だけに絞り込んで多く投資するなどメリハリをつけると利益率が上がります

僕がこのバイナリーオプション攻略法で取引してきて思うのは、判定時間は最低1時間から1時間半程度は残った状態から取引して、指標などの影響が小さく ドル円クロス円が連動して円安や円高に動くような相場を狙うのがオススメ

以上が僕が日々使っているバイナリーオプション攻略法の紹介でした。まだ一度も試したことが無い方は、まず一度試して見てはいかがでしょう。たくさん使うほどに慣れてきますし、まず自分の分析と合わせて活用してみて土台を作り、それを少しずつ修正していけば必ず上手くいくと思います。やらない後悔よりやって修正→成功の道を切り開いてみてください。

またFXプライム byGMOでは、頻繁にキャッシュバックキャンペーンが実施されています。
僕が開設したころはこんなキャンペーンはなかったのですが・・(^^;) 現在行われているFX業者のキャッシュバックの中でも金額は多い方ですし、キャッシュバック分は損してもトントンいう考え方も可能。なので取引する際に有効に活用されると良いと思います。

ちなみにツールの利用は、 口座開設さえすれば入金無しでも可能 なので、まず試しにツールを使ってみて、その後キャッシュバックも獲得していくと良いかもしれません。

あなたが、バイナリーオプションで勝てない”本当の理由”とは?

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

バイナリーオプションは「投資」ではない

BOは射幸性の高いギャンブルだ

当サイトでは、バイナリーオプション系の商材を高く評価していません。なぜなら バイナリーオプションは「投資」ではない と考えているからです。バイナリーオプションは「投資」ではなく、射幸性の高い「ギャンブル」に近いゲームです。

バイナリーオプションでは長期的に資産を増やせない

バイナリーオプションはギャンブル性の高いゲームですので、その認識があれば楽しく遊べます。しかし、バイナリーオプションで投資をしているという感覚を持ってしまうと極めて危険です。バイナリーオプションで長期的に資産を増やそうなどと決して思ってはいけません。

私はバイナリーオプションをしません。理由は明白です。 FXよりもはるかに勝ち続けることが難しい からです。その点をこれから説明していきます。

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 バイナリー オプション 確率 論 5 位

バイナリーオプションがFXよりも難しい理由

半丁バクチの期待値をご存じですか?

半丁バクチで現れる数字は、1+1=2 から 6+6=12 までの組み合わせがあります。2つのサイコロを振って、偶数・奇数の現れる確率は50%です(ちなみに奇数は「半」、偶数は「丁」です)。実際の半丁バクチには特定の出目の組み合わせによる「役」がありますが、ここでは話を簡単にするために「役」は除外します。

特定の役を除外すれば、半丁バクチは確率2分の1のゲームです。勝負をすればするほど、確率論における「大数の法則」によって勝率は50%に近づきます。この時点での期待値はプラスマイナスゼロです。ここまではシンプルですね。

”胴元”の存在が期待値をマイナスにする

ところが話はそんな簡単ではありません。どんなギャンブルにも胴元が存在します。胴元とはそのゲームを仕切っている(支配している)人間です。彼らは、ゲームの会場を提供する代わりにテラ銭(参加料=手数料)を徴収します。ゲーム参加者は勝負する毎にテラ銭を胴元に支払います。

このテラ銭が存在するために、参加者の期待値は一気にマイナスになります。当たり前ですが期待値マイナスのゲームを続ければ続けるほど、参加者は損が拡大していきます。

儲かるのは胴元のみ。 半丁バクチの期待値は「マイナス」ということを覚えておいて下さい。

瞬間的には勝てるかもしれませんが期待値がマイナスのゲームを続ければ、大数の法則により確実にあなたの資金は減っていきます。これは数学的にも証明されています。大事なことなので、もう一度述べます。 期待値がマイナスのゲームを続ければ、長期的には「確実」に資金が減っていきます。

バイナリーオプションの期待値は?

バイナリーオプション(為替オプション)で一般的なゲームであるHIGH&LOWは、極めて半丁バクチに似ています。HIGH&LOWのルールを確認しましょう。

  • 賭ける方向は2つ(HIGHかLOW)
  • テラ銭は10%前後(レンジに入る確率等)
  • 勝てば2倍(だが、テラ銭が引かれる)
  • 負ければ、掛け金は没収

ご覧の通り バイナリーオプションの期待値はマイナス ですので、勝負を続ければ続けるほど負けることになります。つまりバイナリーオプションにおいて勝率が50%では期待値がマイナスであるため、確実に負けてしまうということになります。

期待値をプラスにするためには勝率を上げるしかない

そこで重要になってくるのが「勝率」です。勝率50%では手数料(胴元)の存在によって期待値がマイナスになるので、 50%を超える勝率を維持していく戦略が絶対的に必要 になります。コイントスのような賭け方ではなく、相場の流れを読んでランダムではないタイミングを見極めて、ベットしていく必要があるわけです。

短時間に勝負が決まり、かつ絶対的に50%超の勝率が必要であるということ、これは極めて高度な戦略が必要であるということを意味します。バイナリーオプションが難しいゲームである理由は、ここにあります。

勝率50%を超えることは簡単ですか?

ノイズだらけの相場で一定時間後のレートを当てることは至難のワザ

1分後、5分後、10分後のレートを、上なのか下なのかピタリを予測する必要があるのです。1分バイナリならば、59秒時点のレートでもなく61秒時点のレートでもなく、ぴったり60秒後のレートを50%を超える確率で当てることが求められているのです。そんな神業的なことができますか?

長期的には上昇トレンド(あるいは下降トレンド)の流れであっても、そこには必ずノイズがあります。短時間での勝負が求められる場合、これらのノイズを予測することは極めて困難です。特に最近流行(はやり)の、1分後・5分後・10分後のレートの状態を当てるような勝負では、ノイズが大きく影響してきます。強いトレンドが発生している、もしくはサポレジに跳ね返されたなど、レートが一方向に動きやすいような相場においても、必ずノイズが存在します。

ノイズを予測することは不可能

バイナリーオプションは、短時間での勝負が求められます。つまりノイズを予測しろ、と言われているようなものです。あなたは、50%を超える確率でノイズを予測できますか?

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

Binomo の60秒戦略バイナリオプション

Binomo の60秒戦略バイナリオプション

60秒のバイナリーオプション戦略は、バイナリーオプショントレーダーが非常に圧迫された取引期間で有益な決定を下せるようにする取引アルゴリズムまたは一連のルールです。 このシステムは1分間のチャートに基づいており、単一株、株価指数、商品、法定通貨ペア、さらには暗号を含むあらゆる種類の資産クラスに適用されます。 市場の状況を分析するための技術的手段の範囲と取引シグナルを提供するための指標はさまざまですが、主なアイデアは他のタイプの取引と同じです-サポートレベルでCALLオプションを購入し、レジスタンスでPUTオプションを購入します。

市場を分析するプロセスを簡素化するために、バイナリーオプショントレーダーは、より長い時間枠ごとと同じ技術ルールを適用できます。 たとえば、1時間足チャートを使用して、強い抵抗とサポートレベルを見つけ、買われ過ぎと売られ過ぎの状態を特定し、ピボットポイントを決定できます。 フィボナッチリトレースメントレベルは、価格行動を逆転させる可能性のある強力な防御障壁を探すという点で有益です。 それらのレベルが見つかった後、バイナリーオプショントレーダーは60秒のバイナリーオプションで取引するために彼らの力を使用して、抵抗からの最初の跳ね返りを頼りに、サポートとプットポジションの最初のテストでCALL取引を開始できます。


短期取引のための最良の指標

  • 発振器。 特にターニングポイントを探すように設計されたもの:ADX RSI、CCI、Stochなど。
  • ローソク足のパターン。 ローソク足パターンの主な利点は、さまざまな時間枠での汎用性と安定したパフォーマンスです。 BinomoのWebサイトのトレーニングセクションでは、キャンドルの形に関する2つの完全なビデオチュートリアルが同時に表示されます。
  • 価格アクション。 非インジケーター取引は非常に複雑で、経験豊富なトレーダーにのみ適していますが、サポートとレジスタンスレベルはオシレーターの同等ではるかに正確な代替として機能するため、それらを習得する価値があります。 幸いなことに、インターネット上の価格アクションに関する資料はたくさんあります。


60秒オプションの最も人気があり生産的な戦略の概要

マルチ確率

  • 推奨資産:NZD / USD、USD / JPY、EUR / JPY、GBP / USD、EUR / GBP、GBP / JPY、EUR / USD;
  • 作業時間枠:M1から。
  • 有効期限:1分;
  • 取引する時間:任意。
  • 使用されるインジケーター:Stoch 5/3/3; Stoch 10/25/10

Binomo の60秒戦略バイナリオプション

あります。ストキャスティクスはキャンドルの数を計算するため、ターボオプションと長期契約の両方で同じように機能します。 平均パフォーマンス– 73%-78%。 アルゴリズムは、クォートのフラットな動きの期間中に最高の効率を提供します。 ファンダメンタルファクターを取り戻す期間やその他のボラティリティが高い期間に取引することはお勧めしません。

これは、マルチ確率の多くのバリエーションの1つにすぎません。 自由に実験してみてください。おそらく、他の設定で、場合によっては3番目のフィルタリングオシレーターを使用しても、さらに高いパフォーマンスインジケーターを実現できるでしょう。


ADX + Stoch + MA

  • 推奨アセット:任意;
  • 作業時間枠:M5から。
  • 有効期限:1分;
  • 取引時間:ヨーロッパとアメリカのセッション。
  • 使用されるインジケーター:Stoch 5/3/3; バイナリー オプション 確率 論 ADX 14; 5/15/30の期間の3つの移動平均(同様の期間のビルウィリアムズワニに置き換えることができます)。
  • 買いシグナル:移動平均は互いに交差せず、左から右に周期が増加する順に配置されます。 また、ADXはレベル20を上回り、確率論はレベル50を上回っている必要があります。
  • 売りシグナル:移動平均は互いに交差せず、周期が右から左に増加する順序で配置されます。 また、ADXはレベル20未満であり、確率論はレベル50未満である必要があります。


確率論的移動

  • 推奨アセット:任意;
  • 作業時間枠:M1 バイナリー オプション 確率 論 – M5;
  • 有効期限:1分;
  • 取引時間:アジアと太平洋のセッションで、アルゴリズムは夜間に表示されます。
  • 使用された指標:高ボラティリティの期間中は60と30の期間、夜は30/15の期間のStoch5 / 3/3と2つの移動平均。

移動平均の共通部分は特定のキャンドルでは機能しない可能性があるシグナルであることを理解することが重要です。これは「60秒」オプションにとって重要です。したがって、移動平均の場合は最初の位置の平均を使用することをお勧めします。トレードに入った後のバックコレクションの開始。 したがって、最初のポジションの推奨される資金管理は2%で、2番目のポジションは4.5%です。 確率論が元のシグナルの方向に動き始めた直後に、平均取引は同じ方向に始まります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる