FX入門

レンジとトレンドを見分ける3つの方法

レンジとトレンドを見分ける3つの方法
設定期間内のボラティリティ(変動幅)を示すインジケーターです。

【FX】レンジとトレンドの本当の見分け方とレンジを判断する思考法

FX

相場の世界において「レンジを制すものはトレードを制す」というのが私の持論です。

レンジをきちんと見極め、トレンドになりそうなところでエントリーすれば、資金は増えるからです。

また、逆に言えば、レンジが分かっていなければ、値動きに翻弄されお金はみるみる減っていく負けトレーダーとなるでしょう。

そもそもレンジとは?

そもそもレンジとは、トレンド以外のことを指します。

レンジは転換点も含めた、トレンド以外の総称だととらえると良いでしょう。

逆にトレンドとは、レンジを抜けた後に一方方向に進むものです。

別の記事にて解説しますが、トレンドには伸びるトレンドと伸びないトレンドがあります。(いわゆる損小利大になる優位なポイントかどうか)

こんにちはサイです。 FXに限らず、相場の世界では損を小さくして利を伸ばせば成功する!という「損小利大」トレードが大きく推奨されています。 にも拘わらず、やってみたところ損切ばかりで全然資金が増えずに失敗していく人もいるはずです.

レンジには大きさがある

<レンジの大きさ>
・トレンドの合間に見られる小型レンジ(主に短期束と長期束の間付近)
・中段保ち合いや転換点などの中型レンジ(長期束で何度も反発する)
・上位足がレンジ状態の大型レンジ(伸びるトレンドが行ったり来たり)

これらのレンジの大きさがあること把握すれば、あらゆる場面においてレンジの予想がつきやすくなりトレードの精度が格段に上がります。

レンジには値動きのパターンがある

ボックスレンジ

並行型ボックスレンジ

上昇型ボックスレンジ

下降型ボックスレンジ


いわゆる下降フラッグです。

トライアングル

シンメトリカルトライアングル

アセンディングトライアングル

ディセンディングトライアングル

逆アセンディングトライアングル

転換点レンジ

いわゆるトレンドが変わる転換点と呼ばれるレンジです。

ヘッド&ショルダー

逆ヘッド&ショルダー

ヘッド&ショルダー2

逆ヘッド&ショルダー2

ヘッド&ショルダー3

意味不明のレンジ

レンジにはフェイクも注意

並行ボックスレンジやトライアングルの場合、ブレイクして逆の方向に行く「フェイク」が必ず存在します。

・イフダンを入れず、ブレイク後の押し目を確認して入る
・逆のイフダンも入れておく
の2つのやり方ができますので、損切されたら逆を狙いましょう。

転換点レンジでは予兆がある

・イフダンしたら、直近の最安値や最高値にロスカットを入れて、またブレイクするまで待っておく

・転換点ブレイク後の押し目を確認して入る

ちなみに私は、 転換点の天井や底で入って、予兆が出て伸びたら、エントリー位置より少し利益になるところにトレイリングを置きます。

動く相場のおけるレンジへの対処方法

先程紹介したレンジのパターンは誰もが知っている場合がありますが、 それだけでは実践に役立てません。

手法や勉強しても資金を減らす人は、レンジの値動きに対する準備や思考、対処方法が出来ていないために、 気づかないままレンジ内で変なエントリーをするからです。

レンジとトレンドの見分け方に悩むようになったら、勝ち組トレーダーは目の前だ

FXで勝ち続けるためのステップ By: Stefano Mortellaro

「レンジとトレンドの見分け方について考えるようになったら、

勝てるトレーダーになれるのはもうすぐそこだ」

ローソク足、移動平均線、ボリンジャーバンドでレンジを判断

20150710-01

20150710-02

そこをブレイクしたらエントリーという手法が考えられます。

MACDでレンジを見極める

20150710-03

同じ場面をMACDで見てみます。

RSIでレンジを判断

20150710-04

私はRSIもよく使います。

ATRでレンジを判定する

20150710-05

設定期間内のボラティリティ(変動幅)を示すインジケーターです。

遅行スパンでレンジの見分け方

chikouspan1

chikouspan2

chikouspan3

chikouspan4

一つのインジケーターに依存しない

トレードしたい、ポジションを持ちたいという欲求はなぜ起こるのか? 人の脳が無意識に反応してしまう仕組み、 多くの市場参加者が勝てない理由とは?
FXぷーさん式 トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝
一日のチャート監視時間はたったの5分!
簡単で単純なトレード方法で安定的に稼げるようになるための教材です。
==========================

FXトレンドグライダーで勝てる人、勝てない人

ボリンジャーバンドとストキャスティクスの組み合わせ

ストキャスティクスは「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断するためのオシレーター系インジケーターの一つで、 一定期間の価格のレンジの中で直近の終値が相対的にどのレベルに位置するか見るための指標と言われています。 そんなストキャステ.

慣れるまではインジケーターを使っていていい

FXで利益を伸ばすための作業

ダイバージェンスで相場の勢いの弱まりを感じる 2015年6月22(月)~26(金)日 USD/JPY

こんにちは。 ゆーです。 今回もUSD/JPYの一週間を振り返ってみます。 まずは日足。 (チャートはFXCMジャパン証券のMT4) スパンモデルは上昇トレンド。 月曜、火曜と上昇して、 水木で下降、金でちょっと上昇です。.

一日の値幅を表示してくれるMT4のインジケーター

T_S_R-Daily_Range_Calculator 一日の値幅や、ある程度の期間の平均の値幅がパッと見でわかると、利益確定の目安になったり、どの辺のサポレジが効きそうかの判断ができると思います。 MT4のサブウインドウに.

FXの「7割はレンジ相場」はよく聞くけど嘘だった!?

アイキャッチ画像

トレード手法

「7割はレンジ」は嘘!?

FXにまつわる話で 「FX相場の7割はレンジ」 というのを聞いたことがある人も多いのでは?

これは、もちろんまったくの嘘というわけではないのですが、 個人的には言葉足らずだなっていう印象 です。

レンジ1

まあ、もちろん言いたいことは分かるのですが、実は上の画像は 「ユロドル(EURUSD)」 の 「月足」 のチャートなんです。

いや、 ユロドルを何年間トレード出来ないんですか? レンジとトレンドを見分ける3つの方法 って話ですよね。

レンジ2

上下の 緑色 の水平線に挟まれた「レンジ」のように見えますね。

これは、 「ユロドル(EURUSD)」 の 「4時間足」 のチャートです。

この中の青色の枠の中を 「30分足」 で見てみます。

レンジ3

そうなんです、 「レンジ相場」も分解すれば「トレンド相場」 レンジとトレンドを見分ける3つの方法 なんです。

「FXの7割がレンジ相場」というのも、もちろん1つの視点からの事実なんですが、視点を変えれば、 「どこかの時間軸ではトレンド相場」 とも言えるんですね。

僕の個人的な感覚ですが、およそ半分が レンジとトレンドを見分ける3つの方法 「トレンド相場」 、半分が 「トレンド未確定相場」 という感じです。

レンジ4

レンジ5

上の画像のような場面だと、ダウ安値を下抜けたので、「安値の切り下がり」は確定しましたが、まだ「高値の切り下がり」は確定していませんので、 「下降トレンド?」 という状態としています。

環境認識 (用語解説) やチャート分析次第では、 「下降トレンド?」 でも、下降トレンド中と同じように積極的に売ることを判断したりします。

さて、およそ半分が 「トレンド相場」 、半分が 「トレンド未確定相場」 という感じであれば、 「あれ?レンジ相場は?」 という疑問を持つ方もいますよね?

僕の場合、 「トレンド相場かどうか」という観点とは別に「持ち合っている(レンジ)」という認識がある という感じなんです。

レンジ6

上の画像の 青枠 内は、ダウ理論をベースとしたトレンド判断においては 「下降トレンド」 ですが、途中から横の展開、つまり「持ち合っている」ことに気づきますよね。

なぜ、持ち合ったのかというと、青枠内に入る前の最後の安値が、もっと上位時間軸のチャートポイントに到達して、この時間軸レベルでも 「下降トレンドが継続するのか?」 という観点で、 レンジとトレンドを見分ける3つの方法 相場参加者の意見が拮抗したから ですね。

ですが、 「トレンド相場」ではないからといって「レンジ相場」というわけではない ということなんです。

レンジ7

トレンド相場の中にも「レンジ」はあって、トレンド未確定相場の中にも「レンジ」が存在するという感覚です。

この言葉を最初に言った人が誰だかは知りませんが、おそらく 「はっきりと方向感が分かる場面は3割くらいだぞ、方向感がはっきりしている時にトレードしろ」 ってことなんだと思います。

もっと拡大解釈してあげて、 「波の行方に自信がある所だけトレードしろ」 っていうことなら、激しく賛同します。

個人的な感覚だと、およそ半分が 「トレンド相場」 、半分が 「トレンド未確定相場」 という感じ。

そして、 「トレンド相場」ではないからといって「レンジ相場」というわけではない ということ。

「FX相場の7割がレンジ相場、レンジ相場に手を出すな」という言葉が伝えたかったことは、おそらく 「はっきりと方向感が分かる場面は3割くらいだぞ、方向感がはっきりしている時にトレードしろ」 ってことなのかなと。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる