最高の暗号取引プラットフォーム

ディバイスに合わせたお取引ツール

ディバイスに合わせたお取引ツール
近年、社内業務にスマートフォンやタブレットといった、携帯性に優れ高速モバイルインターネット回線が利用できるスマートデバイスを導入する企業が増えています。
主な用途として、業務のスケジュール管理や紙の資料を電子化して持ち運んだりするなどがありますが、スマートデバイスはさらなる業務の効率化に力を発揮します。一日に何件もの取引先を訪問する業務に携わっている人にとっては、外出先から通話、メール、チャットを駆使して、社内にいる同僚や上司に結果報告をするといった迅速かつ円滑なコミュニケーションを図るのにも役立つのです。

オンライン商談ツール比較9選!営業に定着させる3つのコツ

導入実績3,000社以上。業界No.1と言われるオンライン商談ツール。営業に特化した機能を豊富に揃える他、電子契約サービスや顧客管理システム、オンラインストレージとの連携など、商談をスムーズに進めるための機能も搭載。
明るさ調整などを自動で行ってくれる「ビューティー機能」、双方が互いに相手の資料を自由に操作でき、マウスの位置でどこを見ているまでわかる「シンクロプレゼンテーション機能」など、細部までこだわった機能が特徴的。
商談はすべて自動的に録画·録音可能。ブラックボックスだった商談のトークの中身・顧客の反応などをすべてデータ化して共有できるため、チームとしての営業力向上も見込める。

  • 接続方式:URL接続・ナンバー接続(4桁の番号)
  • 主な商談サポート機能:名刺交換、トークスクリプト、画面共有、マーカー、資料共有・送信、メモ、チャット、録画
  • 料金:お問い合わせ

B-Room(株式会社Bloom Act)

B-Room

高品質の画像・音声が特徴のオンライン商談ツール。画像・音声が途切れる心配がなく、相手の表情がはっきりと見えるため、対面で商談するのと同じような感覚でノンバーバルコミュニケーションも行える。
最大4拠点から同時接続可能。営業・顧客だけでなく、専門職や決済者も参加可能なため一歩踏み込んだ商談が期待できる。B-Roomで予約した情報(日時、参加者など)はOutlook、Googleカレンダーなどに連携でき、リマインドメールを自動送信設定もできる。
その他、ユニークなところでは、訪問したらかかるはずの交通費や時間を計算し、打ち合わせ終了後に画面表示。導入効果を「見える化」も可能。

もはや常識?スマートデバイスを企業コミュニケーションに活用するポイント

BizMail

近年、社内業務にスマートフォンやタブレットといった、携帯性に優れ高速モバイルインターネット回線が利用できるスマートデバイスを導入する企業が増えています。
主な用途として、業務のスケジュール管理や紙の資料を電子化して持ち運んだりするなどがありますが、スマートデバイスはさらなる業務の効率化に力を発揮します。一日に何件もの取引先を訪問する業務に携わっている人にとっては、外出先から通話、メール、チャットを駆使して、社内にいる同僚や上司に結果報告をするといった迅速かつ円滑なコミュニケーションを図るのにも役立つのです。

加速を始めた企業のスマートデバイス導入

業務効率化だけではない導入目的

タブレットは、これまで紙媒体で用意していた資料を電子化して、取引先との打ち合わせ中に必要な情報を即座に見せられる利点があります。
最近は、ボールペンの使い勝手に近い高精細な描画のできるタッチペンも発売されるようになりました。これを使うと、ディスプレイに資料を表示して、図や文字を書き加えながら相手に説明をすることもできます。
また、打ち合わせに同席していない担当者と話をしたくなったときには、タブレットからビデオチャットアプリを起動してその担当者とモバイルインターネット回線を通じて簡易テレビ会議のような三者会談をするといったコミュニケーションの活用も可能です。

クラウドサービスと連携でさらに進化

一方、アドレス帳、スケジュール管理、オンラインストレージといったクラウドサービスを企業で活用していく動きも年々浸透しています。
平成27年版情報通信白書によると、平成26年末時点でクラウドサービスを利用している企業の割合は、平成25年末の33.1%から38.7%に増加しています。資本金が大きい企業ほどクラウドサービスを利用している割合が多く、資本金50億円以上の企業では7割を超えています。
ちなみに、産業別では「金融・保険業」の6割近くがクラウドサービスを利用しているとのことです。
背景には、ITコスト削減による経営の効率化があるようです。

クラウドサービスは、スマートデバイスとの連携性が優れています。そこで、業務でのコミュニケーションをさらに踏み込んで活用するには、スマートデバイスとクラウドサービスを組み合わせての利用が有効です。
たとえば、外出中にスマートフォンに登録されていない相手と連絡をしたいとき、クラウドサービスのアドレス帳から社内で共有している個人情報リストを参照することで相手に電話をかけたりメールを送ったりすることができるでしょう。 ディバイスに合わせたお取引ツール
また、パソコンで作成中の資料を、クラウド型のオンラインストレージに保存しておけば、取引先でその資料をタブレットで見せることもでき、相手と円滑なコミュニケーションを図れます。

クリスマス商戦の滑り出しは順調!?
携行デバイスの人気が高まっている

facebook-share

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介 ディバイスに合わせたお取引ツール
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全
ディバイスに合わせたお取引ツール
・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

HP TechPulseプロアクティブ管理サービス

HP TechPulseプロアクティブ管理サービス

重要なお知らせ

サービス概要

加えて、製品保証もしくはHP Care Packのサービス提供期間は、デバイスの故障予兆の検出だけでなく、予防交換保守を行うことが可能となります。

サービス一覧

デバイスやアプリケーションのインベントリ、
およびデバイスの状態(CPU使用率、クラッシュ、ブルー ディバイスに合わせたお取引ツール スクリーン エラーなど)の監視。

HPのサービス エキスパートによる監視および管理
経験豊富なサービス プロフェッショナルがお客様に代わって監視および予防的な管理を行います。

HPサービス エキスパートは最先端の分析テクノロジーを用いて、
ディスク障害、バッテリ障害、またはシステム全体の温度障害のリスクのあるシステムを特定し、これにより、問題が発生する前に対処します。

HPサービス エキスパートがセキュリティ ポリシーの強制を実装の上、適用し、ポリシーへの準拠をサポートします。

HPサービス エキスパートは、PCデバイスでWindows Updateの設定を行うことができます。

HPサービス エキスパートは、Windows PCおよびタブレットで、お客様がローカル コンピューターのユーザー アカウント パスワードを忘れた場合にリセットします。対応アカウントは、ローカルアカウントのみとなり、Active Directoryには対応しておりません。

HPサービス エキスパートは、整理されたアプリケーション カタログを管理対象デバイスに展開します。

HP TechPulseプロアクティブ管理コンソールにログインすることで、
管理対象の顧客情報に簡単にアクセスできます。

  • ※注1: スタンダードサービスエキスパート付でのご提供となります。
  • ※注2: リモートの位置検索、ロック、消去機能を使用する場合は、デバイスの電源が入っており、インターネットにアクセスしている必要があります。
  • ※注3: パーツの予防交換は、保証期間内のHPデバイスのみ利用できます。

ご注意事項

  • サービス購入後、90日以内に登録依頼を行っていただく必要があります。90日を超えますとサービスを提供できなくなる可能性があります。
  • お客様登録後、お送りするウェルカムメールには、HP TechPulseのダウンロードとインストール方法なども記載されていますのでご確認ください。
  • HP TechPulseプロアクティブ管理サービスのご利用には、お客様にて、対象デバイスを登録いただく必要がありますので、ご了承ください。
  • 本サービスを提供するハードウェア製品の合計台数は50台以上である必要があります。

価格(パッケージ型サービス型番)

購入からサービス開始まで

製品とサービスを同時購入した場合:
レター「HP Care Pack(HPサービス)ご登録のお願い」が製品に同梱されてお客さまの元に届きます。レターに記載されたURLにアクセスし、HP TechPulseプロアクティブ管理登録専用ページで必要事項を入力します。

HWとサービスを別々に購入した場合:
「HP TechPulseプロアクティブ管理 登録のお願い」のメールが送信されます。
メールに記載されたURLにアクセスし、登録専用ページで必要事項を入力します。

HWとサービスを別々に購入した場合
(主にパートナー様):
「HP Care Pack登録に関する重要なご案内」が納品されます。
HP TechPulseプロアクティブ管理専用PDFをダウンロードし、入力後、メールにて送付します。

コンフィグレーション&デプロイメントサービス

コンフィグレーション&デプロイメントサービス

コンフィグレーション & デプロイメントサービス 紹介動画

コンフィグレーション & デプロイメント
サービス とは?

▶ コンフィグレーションサービス

▶ デプロイメントサービス

ハードウェアご購入と合わせて一括申込!
▶ HP お客様先オンサイト設置サービス

エンジニアがお客様先を訪問し、PC 設置、セキュリティ設定、ネットワーク設定、アセット管理、レポート作成、旧 PC から 新 PC へのデータ移行などを、パッケージ価格でご提供します。

デプロイメントサービス

お客様へのメリット

1.HP製品導入工数を最小化
2.お客様のご要望に柔軟に対応
3.技術レベルの高い専門スタッフによる対応
4.セキュリティ対応

サービス工程

サービスメニュー

デプロイメントサービス

ハードウェア設置 ※
マスターパソコンのコピーおよび作成
ユーザー&ネットワーク設定 ※
BIOS設定
指定品同梱(マニュアルなど)
バックアップメディア作成
資産管理(アセットタグの添付および作成) ※
データ移行
データ消去
お客様のニーズに合わせたサービスの個別提供 ※
  • ※パソコンに加えて、プリンター製品も対象となります。

HP Device Manager サポートサービス

HP製シンクライアント導入をご検討中または既にお使いのお客様に、よりスムーズな導入や効率的な運用管理をご提供できるよう、HPシンクライアント専用の無償の管理ツール HP Device Manager (HPDM) ※の構築支援とサポートサービスを提供いたします。導入時の構築支援から、インストール、セットアップ、基本操作方法、およびトラブル解決などの保守・技術サポートまで、お客様のニーズに合わせた支援メニューを準備し、HP Device Managerをトータルサポートいたします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる