FX手法

ストップロスとは何ですか

ストップロスとは何ですか
詳しくみる

もっと知りたい!
外国為替

  1. 地政学的リスク
    かつてマーケットで聞かれた「有事のドル買い」などのように、戦争や大きな国際紛争が起きると、保有する通貨を「持っていると安心な通貨」に乗り替えて(避難させて)おこうとする動きが見られます。
    最近では、「安全資産としての円」が注目されることもあります。政治的、軍事的、経済的な緊張感の高まりが、相対的に安心して保有できる通貨の保有意欲を高める現象は今も見られます。
  2. 季節的要因
    企業の決算期末の3月と9月(日本の場合)は、利益確定のために外債など海外で投資していた資金や事業会社の海外での利益を円に換えて本国に戻す、いわゆるレパトリエーションの動きが活発になることがあります。一方、決算明けの4月と10月からは、機関投資家などが新たな外債投資を行うことも多く、急速な他国通貨買い自国通貨売りが進むことがあります。
  3. 通貨当局
    中央銀行などの通貨当局は、為替相場が乱高下したときに、自国通貨の安定を図る目的で、為替市場に介入することがあります。これを、「外国為替平衡操作」、あるいは単純に「為替介入」などと呼びます。
    とくに、複数の中央銀行が同時一斉に行う、いわゆる「協調介入」はインパクトが大きく、相場を大きく動かすことがあります。そのため、市場関係者は、中央銀行の動きを常に注視し、介入の可能性を見守っています。
    日本では、「日銀が介入」というニュースを耳にすることがありますが、介入の権限は財務大臣が持っており、日銀は財務大臣の代理人として為替の売買を行います。 また、実際に売買の形で介入を行わなくても、通貨当局者が通貨政策や金融政策について発言する場合も、市場にインパクトを与え、相場の変動要因となることがあります。これを「口先介入」と言います。
  4. 市場参加者の心理
    今日では必ずしも適切な表現とは言い難い面はありますが、有名な経済学者のケインズが唱えた「美人投票論」というものがあります。
    当時の「美人投票」では優勝者に投票した審査員も賞金をもらえたので、賞金を手にしたければ、自分が一番美人だと思う人に投票するのではなく、多くの人が投票しそうな人に投票するのが一番有利でした。
    相場でいうなら、自分がいいと思った対象(ドルなど)ではなく、多くの人がいいと思いそうな対象に投資するのが有利と考えて個々人が行動する結果、そうした対象に買いが集まって値段が上がるというものです。

長期、中期、短期の様々なレートのチャートを見ながら、相場が内在的に抱える運動エネルギーの法則性を見極めながら将来の通貨動向を予測する手法です。
「このレベルを抜けると、相場の動きが一方向に加速しそうだ」というポイントを見極めつつ、売買を行います。
マーケット全体がドルの買い持ちに偏っていた場合、多くの市場参加者がストップロスを入れるのは、「ドルがそれ以下には下がりにくい」という水準(サポート・ポイント)近辺です。
仮に、そのレベルを下に抜けると、ストップロスを入れなくてはならない市場参加者が慌ててドルを売ってくるため、ドルの下げ足が余計に早まります。
逆にドルが上昇するときには、「この辺でドルの上昇が止まるのではないか」というチャート上から見たポイント(レジスタンス・ポイント)があり、逆にそのポイントを上に抜けると、ドルの上昇に拍車がかかります。市場で「輸出企業のドル売りオーダーが何百本もあるからドルの頭が重いだろう」と噂されていたにも関わらず、そのレベルをあっという間に大きく突き抜けてしまうことがあるのも、こうした要因が影響しています。

当社情報サイトに関する注意事項
当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。 当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。 当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。

セントラル短資FX株式会社
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町三丁目3番14号
URL:https://www.central-tanshifx.com

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第278号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会
一般社団法人日本投資顧問業協会

ストップロスとは何ですか

ポジションを開いた履歴はチケットで追跡できます。

取引操作の一般的な枠組み

  • 指定されたパラメータとの約定を実行するために注文が取引プラットフォームからブローカーに送信されます。
  • サーバで注文の正しさ(価格等の正確性、口座資金の利用可能性)がチェックされます。
  • チェックに合格した注文は取引サーバ上で処理されるのを待ちます。その後注文は
  • 実行される(ディーラーによって実行モードのいずれかで)
  • 失効に伴って取り消しされる
  • 拒否される(資金不足、マーケットで適切なオファーがない、ディーラー拒否)
  • トレーダによって拒否される
  • 約定とは成行注文の実行または未決注文のトリガです。
  • 銘柄がポジションを持たない場合、約定の締結の結果としてポジションが開かれます。銘柄がポジションを持つ場合、約定はポジション数量を増減、ポジションを決済、または反転できます。

注文作成からブローカーによる実行までの取引操作の枠組み

ポジション会計システム #

ネッティングシステム #

  • 銘柄の既存ポジションと同じ方向に取引を実行すると、このポジションの数量が増加します。
  • 約定が逆方向に実行された場合、既存のポジションの数量が減少する、ポジションが決済される(取引量がポジション数量に等しい場合)または反転される(取引量がポジション数量より大きい場合)ことがあります。

成生注文の実行や未決注文 のトリガなど、何が 反対方向の約定を引き起こしたかは重要ではありません。

2つの買い約定の実行は1つのネットポジションをもたらしました。

ヘッジシステム #

2つの買い約定の実行は2つのトレーディングポジションをもたらしました。

選択されたシステムの影響

  • 決済逆指値及び決済指値の継承ルールが変わります。
  • ネッティングシステムでのポジション決済では、同じ銘柄と数量で反対方向の取引操作が行われるべきです。ヘッジシステムでのポジション決済には、ポジションのコンテキストメニューで明示的に「ポジション決済」コマンドを選択します。
  • ヘッジシステムではポジションは反転することはできません。この場合、現在ポジションが決済され、残りの数量を持つ新しいポジションが開かれます。
  • ヘッジシステムでは、ヘッジ対象証拠金という、新しい証拠金計算の条件が使用可能です。

注文の種類 #

  • 指値買い — 注文で指定された価格以下の買値(アスク)での買いの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より高いです。通常、この注文は、株価が一定水準に下落した後に上昇することを予想して出されます。
  • 逆指値買い — 注文で指定された価格以上の買値(アスク)での買いの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より低いです。通常、この注文は、株価が一定水準に達した後に上昇を続けることを予想して出されます。
  • 指値売り ストップロスとは何ですか — 注文で指定された価格以上の売値(ビッド)での売りの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より低いです。通常、この注文は、株価が一定水準に上昇した後に下落することを予想して出されます。
  • 逆指値売り — 注文で指定された価格以下の売値(ビッド)での売りの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より高いです。通常、この注文は、株価が一定水準に下落した後に下落を続けることを予想して出されます。
  • ストップリミット買い — 逆指値注文であって指値買い注文を出すこのタイプは、最初の2つのタイプを組み合わせたものです。買値(アスク)が注文 (価格フィールド)に示されている逆指値レベルに達すると、Stop Limit price フィールドで指定された値段で買い指値注文が出されます。逆指値レベルは現在の買値(アスク)を超えて設定され、ストップリミット価格は逆指値レベル未満で設定されます。
  • ストップリミット売り —逆指値注文であって指値売り注文を出します。売値(ビッド)が注文 (価格フィールド)に示されている逆指値レベルに達すると、Stop Limit price フィールドで指定された値段で売り指値注文が出されます。逆指値レベルは現在の売値(ビッド)未満で設定され、ストップリミット価格は逆指値レベルを超えて設定されます。
  • 取引所株式、為替先物と先物Fortsを持つ銘柄の計算モードでは、全ての種類の未決注文は、取引が行われる交換の規則に従ってトリガされます。通常、最終価格(最後に行われたトランザクションの価格)が適用されます。言葉を変えると、注文は直近価格が注文で指定されて価格になるとトリガされます。しかし、注文のアクティベーションよる売買は、常にビッド及びアスク値で行われることにご注意下さい。
  • ストップロスとは何ですか
  • 「エクスチェンジ実行」モードでは、指値注文を出す時に指定される価格は検証されません。これは、(買い指値注文の場合)現在の買値(アスク)を超えるか(売り指値注文の場合)売値(ビッド)未満で指定することができます。このような価格で注文を出すと、それはほとんど即座にトリガされ、成行注文になります。しかし、トレーダが非指定の現在の市場価格で取引を行うことに同意する成行注文とは違って、未決注文は指定されたものよりも悪くない価格で実行されます。
  • 未決注文のアクティベーション中に対応する市場操作が実行できない場合(たとえば、口座の余剰証拠金が不十分)、未決注文はキャンセルされて「拒否」ステータスで履歴に移動されます。

未決注文の種類

逆指値注文 #

決済逆指及び決済指継承の規則(ネッティング): #

  • ポジション数量が増加したりポジションが逆転されると、決済逆指及び決済指注文がその最新注文(成行またはトリガされた未決注文)に従って出されます。つまり、同じポジションの各後続の注文の逆指値レベルが以前のものから変わります。注文にゼロ値が指定されている場合は、ポジションの決済逆指及び決済指値は削除されます。
  • ポジションが部分的に決済された場合、決済逆指及び決済指値は変わりません。
  • ポジションが完全に決済された場合、それに関連付けられていて独自に存在できないため決済逆指及び決済指値は削除されます。
  • ポジションが存在する銘柄の取引操作が実行された場合、ポジションの現在の決済逆指及び決済指は自動的に注文ウィンドウに挿入されます。これは、現在の逆指値注文の誤操作による削除を防止することを目的とします。
  • ポジションを持つ銘柄のワンクリック取引操作(チャートパネルや気配値表示 )では、現在の決済逆指及び決済指は変更されません。
  • OTC 市場(外国為替、先物)では、ポジションが次の取引日に移動された場合(スワップ、再度のオープンに寄ったものを含む)、決済逆指及び決済指は変更されません。
  • 為替市場では、ポジションが次の取引日に移動した場合(スワップ)、また別のアカウントに移動された場合や決済中に決済逆指及び決済指は初期化されます。

決済逆指及び決済指継承の規則(ヘッジ):

  • ポジションが部分的に決済された場合、決済逆指及び決済指値は変わりません。
  • ポジションが完全に決済された場合、それに関連付けられていて独自に存在できないため決済逆指及び決済指値は削除されます。
  • t0>ワンクリック取引操作(チャートのパネルまたは板情報)では、決済逆指及び決済指は設定されません。
  • トレール注文は決済逆指値が自動的に価格とともに変動させるのに使用されます。
  • 決済逆指及び決済指のアクティベーションはポジションの完全な決済につながります。
  • 取引所株式、為替先物と先物Fortsを持つ銘柄の計算モードでは、逆指値注文と指値注文は、取引が行われる交換の規則に従ってトリガされます。通常、最終価格(最後に行われたトランザクションの価格)が適用されます。言葉を変えると、逆指値注文は直近価格が注文で指定されて価格になるとトリガされます。しかし、逆指値注文のアクティベーションよる売買は、常にビッド及びアスク値で行われることにご注意下さい。

トレール注文 #

トレール注文を有効にするには、ポジションのコンテクストメニューを開いて値を指定します。

トレール注文操作の枠組み

  • 新しい相場が出現すると、プラットフォームはポジションが有益かどうかをチェックします。
  • ポイントでの利益が示したレベル以上になると、現在の価格から指示された距離でストップロスを配置する自動コマンドが生成されます。
  • 価格が移動してポジションの利益が増える場合は、「ストップロス」は自動的に価格と共に移動します。
  • 他の場合、注文は変更されません。このように、取引ポジションの利益が自動的に固定されています。
  • ポジションにストップロスが設定されている場合、それはポジション利益が増加した場合は価格とともに移動し、減少した場合には変化しません。
  • 未決注文がトリガされると、同じ銘柄の現在のポジションのトレール注文が注文に指定されたトレール注文で置き換えられます。
  • 未決注文の結果として実行された約定が銘柄の現在ポジションと逆方向で、数量がそれ以下の場合、トレール注文は置き換えられません。

トレール注文を無効にするには「 なし」パラメータをコントロールメニューで設定します。「 全てを削除」 コマンドはポジションと未決注文のトレール注文をすべて無効にします。

ストップロスとは何ですか

考案者:J.W.ワイルダー(Welles Wilder) 1978年

価格の変動幅(上昇・下落)を指数化することで、トレンドの方向性、強弱を分析します。
(1)当日の高値・安値が、前日の高値・安値に比べて、どちらが大きいかを比較します。
(2)当日の値幅が、前日の値幅の上か下か、どちらかにはみ出してきたかを検証することで、トレンドの方向性を見極めます。
(3)ストップロスとは何ですか 一定期間の平均値を計算して、トレンドの強弱を指数化します。

【強気筋(買い方)対弱気筋(売り方)】
・当日の価格を前日の値幅の外側に移動させる、強気筋(買い方)と弱気筋(売り方)の勢力を計測することで、トレンドの方向を見極めます。
・当日の高値が前日の高値を上回っている場合⇒強気筋が優勢⇒上昇トレンド
・当日の安値が前日の安値を下回っている場合⇒弱気筋が優勢⇒下落トレンド

(1)方向性(DM: Directional Movementディレクショナル・ムーブメント)の分析
・前日と当日の変動幅(上昇幅・下落幅)を比較して方向性(DM)を分析します。
・+DM(上昇幅)と-DM(下落幅)を比較して、大きい方をカウントし、小さい方は「ゼロ」にします。

+DM(plus DM)=当日の高値-前日の高値(上昇幅:上昇方向の増加分⇒上昇の強さ)
-DM(minus DM)=前日の安値-当日の安値(下落幅:下落方向の増加分⇒下落の強さ)

+DM<0なら+DM=0当日の高値が前日の高値を上回っていない場合
-DM<0なら-DM=0前日の安値が当日の安値を上回っていない場合
+DM>-DMなら-DM=0+DM(上昇幅)が-DM(下落幅)を上回っていれば、-DM(下落幅)は0
-DM>+DMなら+DM=0?DM(下落幅)が+DM(上昇幅)を上回っていれば、+DM(上昇幅)は0


(2)実質変動幅(TR:True Rangeトゥルー・レンジ)の計算
・実質変動幅とは、変動幅の増加分であり、AかBの大きい方、AかCの大きい方です。
A:当日の高値-当日の安値
B:当日の高値-前日の終値
C:前日の終値-当日の安値

(3)方向性指標(DI:Direction Indicatorディレクショナル・インディケーター)の計算
・方向性(DM)を実質変動幅(TR)で割ることで、方向性指標を計算します。
(期間は、ワイルダーは14日間を採用しています。)

(4)方向性指数(DX Directional Movement Index)の計算 ストップロスとは何ですか
・方向性の強さを示す+DIと-DIの差の絶対値を、方向性を持っていた比率{+DI+(-DI)}で割り、指数化することで、トレンドの強弱を認識できるようにします。
・DXは、上昇・下落に関わらず、トレンドが強くなれば増加し、弱くなれば、減少します。
・DXが反転する時は、トレンドが反転する可能性が高いことを示唆します。

(ストップロスとは何ですか 5)ADX(Average Directional Movement Index):DXの指数平滑移動平均線(EMA)
・ディレクショナル・ライン(+DIと-DI)の差
・トレンドが強く、継続する場合⇒2本線の差は拡大⇒ADXは上昇
・トレンドが弱く、反転するかレンジ相場に移行する場合⇒2本線の差は縮小⇒ADXは下落

取引ルール

【買いシグナル】
・+DIが-DIを下から上に突き抜けた時(+DI>-DI)
・ADXが上昇し、かつ+DIとADXが?DIの上にある時(+DI>ADX>?DI)
・ADXが+DIと-DIの下から上に突き抜けた時(理想的には25以上)
・利食い:ADXが+DIと-DIの上から反落した時
・損切り(ストップ・ロス):+DIが-DIを下抜けた時
【売りシグナル】
・-DIが+DIを下から上に突き抜けた時(+DI<-DI)
・ADXが上昇し、かつ?DIとADXが+DIの上にある時(+DI<ADX<-DI)
・ADXが+DIと-DIの下から上に突き抜けた時(理想的には25以上)
・利食い:ADXが+DIと-DIの上から反落した時
・損切り(ストップ・ロス):-DIが+DIを下抜けた時

【ワイルダーの極値ルールExtreme Point Rule】
・極値:+DI>-DI⇒高値高値を更新した場合「買いシグナル」となる
・極値:+DI<-DI⇒安値安値を更新した場合「売りシグナル」となる

◇クロスオーバールール(Crossover rule)
・買いシグナル:+DIが-DIを下から上抜く時
・売りシグナル:+DIが-DIを上から下抜く時
◇エクストリーム・ポイント・ルール(Extreme Point rule)
・トリガーポイント:+DIと-DIがクロスするバーの極値
上昇クロス(+DIが-DIを上向きにクロス):価格が極値(クロス時点の高値)を上抜けるまで待つ
下落クロス(+DIが-DIを下向きにクロス):価格が極値(クロス時点の安値)を下抜けるまで待つ
◇ターニング・ポイント・ルール(Turning Point rule)
ADX>+DI&-DI⇒ADXの下落はトレンド転換のシグナル
ADX<+DI&-DI⇒レンドがない⇒トレンドフォロー型のシステムは避ける

また、文言、データなどの著作権は、株式会社フィスコにあります。 これらのコンテンツは著作権法などの法律、規制により知的所有権が 保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

テクニカル分析辞典

※「テクニカル分析辞典」は、あくまで情報提供を目的としたものであり、 投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、売買価格などの 投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。 また、掲載される情報は信頼できると判断した情報源をもとに (株) フィスコが作成したものですが、 その内容及び情報の正確性、完全性または適時性について、 (株)ストップロスとは何ですか フィスコは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。

また、本文、データなどに関しましては、著作権法などの法律、規制により知的 所有権が保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

tel

03-5219-6552

2020年9月28日 2021年12月23日 資産運用

投資信託の売り時の見極め方 失敗しないためのコツは?

検討画像

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

投資信託の売り時はどのようなケースか?

投資の目的を達成できた場合

長期的な値上がりを期待できなくなった場合

大幅に下落した場合

投資比率を調整したい場合

今より魅力的な投資先が見つかったとき

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

無料相談はこちら

投資信託の売り時で失敗しないコツ

値下がりしてすぐに売らないようにする

テーマ型の投資信託は避ける

売却した後のことを考えておく

NISAの場合の売り時は?

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

無料相談はこちら

投資信託の3つの売り方

保有している投資信託をすべて売却

数回に分けて売却

必要な分だけを売却する

投資信託の売り時に悩みそうなら……

投資信託について学ぶならネイチャーグループがおすすめ!

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

無料相談はこちら

芦田ジェームズ 敏之

芦田ジェームズ 敏之

【代表プロフィール】
資産規模100億円を超えるクライアントの案件を数多く抱えてきた異彩を放つ経歴から、「富裕層を熟知した税理士」として多数メディアに取り上げられている。 培った知識、経験、技量を活かし、富裕層のみならず幅広いお客様に税金対策・資産運用をご提案している。 現在は代表税理士を務める傍ら、英国国立ウェールズ大学経営大学院に在学中(MBA取得予定)。
英国国立オックスフォード大学ELP修了。東京大学EMP修了予定。
また、Mastercard®最上位クラスで、富裕層を多く抱えるクレジットカードLUXURY CARDのオフィシャルアンバサダーに就任。

◇◆ネイチャーグループの強み◇◆
・〈富裕層〉×〈富裕層をめざす方〉向けの税金対策/資産運用専門ファーム
・日本最大規模の富裕層向けコンサルティング
・国際的な専門家ネットワークTIAG®を活用し国際案件も対応可能
・税理士法人ならではの中立な立場での資産運用

投資信託のご案内画像

ランキング

資産運用画像

提案画像

定期預金画像

資産運用画像

確定申告画像

定期預金画像

資産運用画像

資産運用画像

株価の写真

bg

資産運用

bg

相続対策

お問い合わせ CONTACT

tel

03-5219-6552

トレンドライン

トレンドライン

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる