FXの学習方法

FX オプション相場

FX オプション相場

Notice: Undefined variable: Page in /home/superlosandes/public_html/wp-content/themes/Andes/index.php on line 10

FXプライムbyGMO、リアルタイムチャートで為替相場分析を解説する無料オンラインセミナーを2022年4月27日(水)20時から開催。どなたでも参加OK!

【『選べる外貨』、『選べる外為オプション』および『ちょいトレFX』の取引に関するご注意】
■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。外国為替保証金取引『選べる外貨』のスプレッド実績は、当社のホームページに掲載されています。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

プットオプションの買い戦略 (その4)

こんなとき、例えば4,000円も5,000円も下の権利行使価格オプションを買って利益になると思う人がどれくらいいるでしょうか。
例えばP19500のプットオプションを買うということは、満期日においては日経平均が大きく下落して19,500円を割り込んだら、その割り込んだ分をすべて売り手からもらえるというルールですから、買い手としては4,FX オプション相場 000円も5,000円も下落するという可能性が低いと思うならば、そんな商品にお金を払うことはしないでしょう。
実際、2020年2月14日に終値で日経225miniが23,630円だった日のプットオプション(満期日2020年3月13日)の価格は図表2の通りです。

23,630円から3,130円下のP20500がわずか18円。
4,130円下のP19500あたりではわずか9円。
5,130円も下のP18500は5円です。

このP18250やP18000はこのまま満期を迎えたら0円となるわけで、いわゆる本質的価値を持たないオプションです(アウトオブザマネー)。
それが満期まで半日しかないにもかかわらずP18250は240円、P18000は170円もの価値を持っているのです。
また、P18500やP18375は当時の日経225miniの水準18,360円ではインザマネーであり本質的価値を持つ状態です。P18500の本質的価値は140円(=18500円-18360円)であるにも拘わらず、オプションの価格は345円と、残り半日しか残っていないにもかかわらず大きな時間的価値205円(345円-140円)が残っています。
P18375についても、本質的価値は15円であるにもかかわらず290円の価格がついており、275円(290円-15円)もの時間的価値がついています。

このように相場変動が大きいか小さいかの市場参加者の予想次第でオプション価格が高くなったり安くなったりするわけです。
相場変動の大きさの予想がオプション価格に反映しており、それを統一的に比較しやすいように数値化したものがインプライドボラティリティ(=以下IVと表記)ということなのです。
相場変動が大きくなると予想することは、最終的な受け渡し額が大きくなる可能性が高まることを意味し、このような判断をする人が多くなれば、結果的にオプション価格が上昇することになるのです。
このような相場変動が大きくなるという予想によって需給によりオプション価格が上昇したことをもって、IVが上昇したと説明するのです。

IVが跳ね上がる相場でプットオプションは大きく上昇

実際、図表2、図表3にあるように、P18000を例に取り上げれば、当初IV=38.80だったのが、83.81まで上昇しています。
市場が恐怖におののいてオプションをコスト度外視して買ったことにより、満期まで残り半日しかない20%もの下のオプションに170円もの値が付いたのです。また、翌日のSQで18,000円を大きく下回る可能性を市場が織り込んでいるとも評価できます。
このP18000に170円の価値があるとすれば、日経平均が後半日で(夜間の間に)17,830円を下回るかどうかが買い手と売り手の勝負の分水嶺。半日のこれだけの変動率を年換算した結果、変動率は83.81%と算出されるわけです。これをIVが上昇したと評価するのです。

オプションは権利行使価格ごとにそれぞれ異なるIVの値を持っていますが、日経225オプションの各銘柄のIVを指数化したものが日経平均VIであることはすでに説明しました。
2011年東日本大震災のとき70ptまで上昇しています。
2015年のチャイナショックのときは50を伺うような動きをしました。
2018年2月上旬も前日比で100%の上昇があった日がありました。
そしてコロナショックでは60ptを超えました。

このように各オプションのIVが跳ね上がるような相場のとき(日経平均VIが跳ね上がるような相場の時)には、デルタ(自動順張り効果)とIVの上昇でオプション価格は何倍、何十倍にもなりうるのです。
すでに説明したように日経平均VIは日経平均の上昇で緩やかに低下し、大暴落で急上昇します。どんなに下げても12~15ptあたり。
よって、日経平均VIが低め20ptを割っていて、平穏な状態のとき、ちょうど日経平均の天井付近から一気に大きく下落するタイミングでオプションのIVの上昇幅を最大にできるのです。
日経平均の大暴落によりデルタも大きく変化することもあいまって(自動順張り効果)、プットオプションが10倍にも50倍、100倍にもなるというわけです。

Weeklyオプションを利用した実践戦略

このタイミングですと、まだ通常のMonthlyものオプション(12月10日満期)は満期まで16日残っています。12月3日満期のWeeklyオプションは残り9日です。
比べてみると、満期までの日数の少ないオプションは全般的に価格が安いことがわかると思います(なお、流動性の問題から価格のついていないものもありますし、引け間際で約定していないものもあり、必ずしも当時の気配値を反映しているものではありません)。
ここでは、P28250を買ってみることにします。通常のMonthlyものの同じ権利行使価格のものに比べて半額以下で買えた可能性があります。

天井かどうかなんて、その時点ではわかりません。
天井になったから天井だったといえるにすぎないのです。
先物ショートの場合、エントリーが速すぎると、持ち上げられて損切した瞬間下げる、ということもよくあります。プットオプションならば、失っても買った時に支払った額までですから、予想通り下落するまでドンと構えて待てばよいのです(※なお、支払額の絶対額を抑えるためには、今回の事例のように満期までの残存日数が少ないタイミングで手掛けるか、現在の日経平均の水準から遠い権利行使価格のオプションを使うか、需給的にひっ迫していないときに手掛けるということになりましょう。
ただ、オプション価格が安いということは、利益になる確率は低いことを意味します。値付けが正しいならば、期待値は同じになるはずなのです。ですから、自分の相場観、リスク許容度、投資に回せる金額などを勘案して手掛けるタイミングの判断や権利行使価格の選択を行う必要があり、それがうまくいったときにリワードがあるというにすぎません)。

<講師紹介>
守屋 史章 氏
オプショントレード普及協会 代表理事
宮崎県出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒、同法学研究科修士課程修了。個人投資家として企業数社に投資し、ビジネスオーナーを務める傍ら、証券などへの投資をも手掛ける。投資におけるオプション取引を普及させることを目的に、金守遼太氏と共同でオプショントレード普及協会を設立。短期トレーディングから長期運用まで幅広い投資ニーズをかなえる資産運用を研究している。「オプションについて話せる仲間が見つからない」という孤独になりがちな投資の研究と意見交換を行える会員制のメンバーシップを中心に、個人投資家目線だからこその目からウロコの独創的アイデアと分かりやすい解説で、「わかる」「できる」をサポートする。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる