投資基礎講座

テイクプロフィットを計算する方法

テイクプロフィットを計算する方法
すでに開いているポジションにSL / TPレベルを追加する最も簡単な方法は、チャートのトレードラインを使用することです。 これを行うには、トレードラインを特定のレベルまで上下にドラッグアンドドロップするだけです。

SL / TPレベルを入力すると、SL / TPラインがチャートに表示されます。 このようにして、SL / TPレベルを簡単かつ迅速に変更することもできます。

損益計算機

Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件
Fintrade Limitedは、証券ディーラーライセンス番号GB20025835の下、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)より、規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprusです。 TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。弊社Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示をお読みの上、十分にご理解ください。

お客様の個人情報を大切にします

お客様のクッキーの設定

クッキーとは何ですか?

クッキーは何の役に立つのですか?

以下は、クッキーが弊社に提供する一部の機能の概要です:

  • お客様の個人情報を確認し、お客様のアクセス元の国を特定する
  • ブラウザ種類と端末をチェックする
  • ユーザーの参照元となったサイトを追跡する
  • 第三者によるコンテンツの適切なカスタマイズを可能にする

本ウェブサイトは、Google, Inc. 社(「Google」)が提供するウェブ分析サービスのGoogle アナリティクスを使用しています。Google テイクプロフィットを計算する方法 アナリティクスは、お客様のコンピュータに保存されている分析クッキーを使用してユーザーのウェブサイトの利用を分析します。クッキーによって生成されたお客様のウェブサイトの利用に関する情報(お客様のIPアドレスを含む)は、Googleによってそのサーバーに送信され、保存される場合があります。Google はこの情報を使用してウェブサイトの利用状況を評価し、ウェブサイトの活動に関するレポートを編集し、ウェブサイトの活動やインターネットの利用に関連するその他のサービスを提供する場合があります。また、Google は法律によってこちらを行うことが必要な場合には本情報を第三者に転送する場合があり、こちらには当該第三者がGoogle に代わって情報を処理する場合も該当します。Googleは、お客様の IP アドレスを他のデータと関連付けることはありません。本ウェブサイトを使用することにより、お客様は、Googleにお客様に関する情報を上記に規定された方法および目的にて処理する許可を与えます。

MQL5 ウィザード:計算された価格での発注、ストップロスおよびテイクプロフィット設定標準ライブラリ拡張

オープンしたポジションも注文もない場合、エキスパートはメインシグナルを参照して新規ティックでポジションをオープンするチャンスを見ます。メインシグナルは下位フィルターひとつずつに問い合わせ、取得された予測に基づく加重平均推定(方向)を計算します。その値が閾値(メインシグナルの m_threshold_open パラメータの値)を超える場合、オーダーパラメータとbool タイプの条件についての確認結果がエキスパートに渡されます。これら条件が合えば、マーケット価格でポジションがオープンされるか、マーケット価格から一定距離の未決注文が出されます(図1参照)。ストップロスは固定距離でのみ設定可能です。エキスパート設定にて、始値のインデント、マーケット価格からのストップロスとテイクプロフィットが指定され、メインシグナルの変数 m_price_levelm_stop_levelm_take_levelにそれぞれ格納されます。

  1. 現シンボルについてはオープンポジションはありません。
  2. 加重平均推定の絶対値は閾値を越えています。これはトレントがかなり強いことを意味します。

図1 マーケットエンター時の意思決定パターン

図1の現在の意思決定パターンは MQL5 ウィザードの適用領域を大幅に制限します。ストップロスの固定値での戦略は変化しやすい変動率により長期トレードには不適切です。未決注文を採用するシステムでは通常それらを動的計算レベルで出す必要があります。

2. 意思決定の標準的アルゴリズム

  • オーダーパラメータを作成できる新しいタイプのシグナルモジュール(それを価格モジュールと呼ぶことにします)を導入する。
  • メインシグナルがこういったパラメータを処理できるようにトレーニングします。すなわち最良のパラメータを選択しそれをエキスパートに渡すようにするのです。

修正されたアルゴリズム(図2)により未決注文以外のその他リクエストを処理することが可能となります。このアルゴリズムの基本はエントリーポイント(価格)をトレンド決定(加重平均予測)から分離することです。それは判断のためにはフィルターによる好ましいトレード方向が決定され、価格モジュールから取得される適切な方向をもつオーダーパラメータが選択されるということです。類似した利用可能なセットが複数ある場合、最大荷重(パラメータ値 m_weight が選ばれます)を伴ってモジュールから受信されるセットです。報告が決定されているが現在利用可能なエントリーポイントがない場合、エキスパートはアクティブではありません。

図2 マーケットエンター時の意思決定パターン

  1. 現シンボルにつしてオープンしているポジションおよび注文がない。
  2. 加重平均推定の絶対値は閾値を越えている。
  3. 最低オープンしている注文価格が一つはある。

3. エキスパートとシグナルモジュールの修正クラス作成

ライブラリの拡張は2つのクラスを基にします。それぞれCExpertSignalCExpert から継承されるCExpertSignalAdvancedCExpertAdvancedです。

新機能を追加する方法はすべてエキスパートの異なるブロック間でデータ交換をするためのインターフェース変更を目的としています。たとえば、図2パターンのアルゴリズム実装にはメインシグナル(CExpertSignalAdvancedクラス)と価格モジュール(そのクラスの継承クラス)の連携が必要です。データ変更の際、すでに出された注文を更新することはエキスパート(CExpertAdvancedクラス)とメインシグナルの連携を意味します。

この段階では、図2パターンを実装し、パラメータ変更時(たとえばより有利なエントリーポイントの出現時)のポジションオープンとすでに出されている注文の更新を行います。CExpertSignalAdvanced クラスを考察します。

3.テイクプロフィットを計算する方法 1. CExpertSignalAdvanced

オーダーパラメータを格納するためのデータメンバーは CExpertSignalAdvancedクラスで宣言されます。これら変数の値は Prices() メソッドで更新されます。これら変数はバッファの役目をします。

それからパラメータm_price_module が宣言されます。それは最初の価格モジュールのインデックスをCExpertSignalで宣言される m_filters 配列に格納します。この配列はインクルードされたシグナルモジュールに対するポインターを持ちます。標準モジュール(フィルター)に対するポインターは配列の最初に格納されます。その後、m_price_module インデックスかた始まり価格モジュールが来ます。インディケータと時系列の初期化メソッドを変更しなくてすむように、すべてを配列に格納する判断がされました。また、1配列に64モジュールをインクルードする可能性があり、それは通常十分です。

その上、CExpertSignalAdvanced クラスでヘルパーメソッドが 宣言され、保護されたデータメンバーの値を取得します。その名前は get(クラス宣言参照)で始まります。

3.1.1. コンストラクタ

コンストラクタ CExpertSignalAdvanced はクラス内部で宣言された変数を初期化します。

3.1.2. CalcPriceModuleIndex()

CalcPriceModuleIndex() メソッドは配列エレメントの次の追加モジュールのインデックスに等しい現在ナンバー m_price_module に割り当てられます。このメソッドは最初の価格モジュールの追加前に呼ばれます。関数本体はクラス宣言にあります。

3.1.3. CheckOpenLong(. ) and CheckOpenShort(. )

CheckOpenLong(. ) メソッドは CExpertクラスインスタンスから呼ばれ、以下の説明のように動作します。

  1. インクルードされた価格モジュールを確認します。なにもなければ、親クラスのエポニムメソッドを呼びます。
  2. Direction() method;から加重平均予測値(方向)を受け取ります。
  3. EMPTY_VALUE とm_threshold_openの閾値と比較することでエントリー条件が合えば検証します。
  4. Prices() メソッドによりオーダーパラメータを更新し、それを OpenLongParams(. ) 関数でエキスパートに渡します。この関数の結果を保存します。
  5. 保存した結果を返します。

CheckOpenShort(. ) は同じ処理原則を持ち、同じように使用されます。よってこれについては考察しません。

3.1.4 Direction()

Direction() メソッドはフィルターと加重平均予測値の計算が必要とします。このメソッドは親クラス CExpertSignal のエポニムメソッドと非常に似ていて、例外はループで m_filters 配列のエレメントをすべて参照するのではなく、0 からm_price_moduleより1小さい変化をするインデックスを持つエレメントのみ参照することです。それ以外はCExpertSignal::Direction()に類似しています。

メソッド Prices()m_price_module インデックスから始め最後まで m_filters 配列の2番目のパートを反復します。これは価格モジュールを問合せ、関数 OpenLongParams(. )OpenShortParams(. ) によってクラス変数値を更新します。サイクル前にパラメータ値が消去されます。

現価格モジュール(m_weight)の加重が、値を提供した前回問合せを受けたモジュールの加重より大きければ、サイクル中、パラメータ値は上書きされます。結果、空のパラメータが残される(なにも見つからなければ)か、メソッド呼び出し時に最良の加重平均を持つパラメータとなります。

3.1.6. OpenLongParams(. ) と OpenShortParams(. )

CExpertSignalAdvanced クラス内では、メソッドOpenLongParams(. ) が入力パラメータに対するクラス変数からの参照による買い注文パラメータ値を渡します。

OpenShortParams(. ) については考察しません。この処理原則は同じで使用方法も類似しているためです。

3.1.7. CheckUpdateOrderLong(. ) と CheckUpdateOrderShort(. )

メソッドCheckUpdateOrderLong(. )CheckUpdateOrderShort(. )CExpertAdvanced クラスと呼ばれます。それらはすでに出された未決注文を最終の価格レベルに従って更新するのに使用されます。

メソッド CheckUpdateOrderLong(. ) をもっとよく検討していきます。最初の価格レベルでメソッド テイクプロフィットを計算する方法 Prices(. ),を呼ぶとき更新され、それから起、します。最後に、更新済みデータを渡し結果を返すためにメソッド OpenLongParams(. ) が呼ばれます。

CheckUpdateOrderShort(. ) については考察しません。これは同様の処理を行い同じ方法で適用されるためです。

3.2. CExpertAdvanced

エキスパートのクラスにおける変更はメインシグナル上、こうサインされたデータに従いすでに出された発注を変更することだけに関連します。以下は CExpertAdvanced クラス宣言の表記です。

3.2.1. CheckTrailingOrderLong() and CheckTrailingOrderShort()

メソッド CheckTrailingOrderLong()は基本クラスのエポニムメソッドをオーバーライドし、注文を変更する必要があるか見極めるため、メインシグナルのメソッド CheckUpdateOrderLong(. ) を呼び出します。変更が必要であれば、メソッド UpdateOrder(. ) が呼ばれ結果が返されます。

メソッドCheckTrailingOrderShort()はこれと似ていて同じ用法です。

3.2.2. UpdateOrder()

UpdateOrder() 関数は関連する価格(EMPTY_VALUEではない)のチェックを始めます。なにもなければ、注文は削除され、そうでなければ受信したパラメータに従って注文は変更されます。

4. 価格モジュールの作成

価格モジュールの作成手順はトレードシグナルのモジュールを書くのと似ています。唯一の相違は Prices()で、これがモジュール内での価格更新を行うメソッドで、オーバーライドされる必要があることです。シグナルモジュールのように テイクプロフィットを計算する方法 LongCondition()ShortCondition()Direction() ではありません。理想的には読者のみなさんはシグナルモジュール開発について明確な考えを持つ必要があります。この件については、記事 "テイクプロフィットを計算する方法 Create Your Own Trading Robot in 6 Steps!" および "Trading Signal Generator Based on a テイクプロフィットを計算する方法 Custom Indicator" が役に立つのではないでしょうか。

4.1. "Delta ZigZag" インディケータに基づく価格モジュール

図3 例として買い注文を使用したデルタ ZigZag インディケータでの価格モジュール価格モジュール処理の図

図3 例として買い注文を使用したデルタ ZigZag インディケータでの価格モジュール価格モジュール処理の図

4.1.1. モジュール記述

保護データ-CiCustomタイプのインディケータのオブジェクトと記述で指定されたタイプに従ったパラメータがモジュール内で宣言されます。

4.1.3. コンストラクタ

4.1.4. ValidationSettings()

ValidationSettings() は入力パラメータを確認するために重要なメソッドです。モジュールパラメータの値が無効であれば、結果偽が返され、エラーメッセージがジャーナルに表示されます。

4.1.5. InitIndicators(. )

InitIndicators(. ) メソッドは基本クラスのエポニムメソッドを呼び、InitDeltaZZ(. ) メソッドによって現モジュールのインディケータを初期化します。

4.1.6. InitDeltaZZ(. )

InitDeltaZZ(. ) メソッドはカスタムインディケータのオブジェクトをコレクションに追加し、新規インディケータ『デルタ テイクプロフィットを計算する方法 ZigZag』を作成します。

メソッドValidationSettings()InitDeltaZZ(. )InitIndicators(. ) が正常に完了したら、モジュールは初期化され処理に備えます。

このメソッドは価格モジュールの基本です。これがまさにオーダーパラメータが更新される場所です。その値はメインシグナルに渡されます。このメソッドは double タイプで処理結果を返します。これは主に将来の開発のために実装されました。Prices() メソッドの結果はいくつか特殊な状況やイベントをコード化し、メインシグナルがそれらを適切に処理できるようにします。現在は戻り値 EMPTY_VALUE を処理するのみです。この結果受け取りの際、メインシグナルはモジュールによって提案されるパラメータを無視します。

このモジュールにおける Prices() メソッドの処理アルゴリズムは以下です。

  1. インディケータバッファ3および4よりそれぞれ買いと売りに対し注文の始値を取り込みます。
  2. 注文の最終パラメータはゼロ設定します。
  3. 買い価格を確認します。一つあれば、getBuySL() メソッドによりストップロスを設定するレベルを特使し、ストップロス値と始値からテイクプロフィットを計算し、注文期限を計算します。
  4. 売り価格を確認します。検出されれば、getSellSL() メソッドによりストップロスを設定するレベルを特使し、ストップロス値と始値からテイクプロフィットを計算し、注文期限を計算します。
  5. 終了する。

4.1.8. getBuySL() and getSellSL()

メソッドgetBuySL()getSellSL() はストップロスのためにそれぞれ極小値と極大値を検索しています。関連バッファ内の最後のゼロ以外の値 - 最後の極値の価格レベルは各メソッドで検索されます。

4.2. インサイドバーに基づく価格モジュール

図4 インサイドバーと価格モジュールレベルの図

このモジュールのメソッド Prices() では、適用可能な価格レベルがないことを示すために結果の戻り値が使用されます。

4.3. アウトサイドバーに基づく価格モジュール

図5 アウトサイドバーと価格モジュールレベルの図

この場合、下降トレンドがあるため売り注文が1件だけオープンされています。このモジュールの処理は基本的に前のモジュールに類似しています。唯一の違いはそのコードが Prices()メソッドだけで、その他の部分はまったく同じで名前も同じです。以下はPrices()のコードです。

4.4. モジュールのパフォーマンステスト

次のセクションでは3例のモジュールが個別の確認、それから1件のエキスパートでの連携処理テストをされ、そのシステムが設計通りに動作することを確認します。結果、4件のエキスパートが作成されます。タイムフレーム H12 で動作するオーサムオシレータインディケータに基づくトレードシグナルモジュール は作成された各エキスパートでフィルターとして使用されます。価格モジュールは H6 で動作しています。

資金管理:固定ロットとトレーリングストップが使用されます。テストはすべて MetaQuotes-Demo サーバーのデモアカウントからの EURUSD クオートで期間2013.01.01~2014.06.01について行われます。ターミナルバージョン:5.00、ビルド 965 (2014年6月27日)

4.4.1. デルタ ZigZag Iインディケータを基にしたモジュール検証

図6 デルタ ZigZag Iインディケータを基にした価格モジュール検証のバランスプロット

図6 デルタ ZigZag Iインディケータを基にした価格モジュール検証のバランスプロット

4.4.2. 『インサイドバー』パターンを基にしたモジュール検証

図7 インサイドバーを基にした価格モジュール検証のバランスプロット

4.4.3. 『アウトサイドバー』パターンを基にしたモジュール検証

図8 アウトサイドバーを基にした価格モジュール検証のバランスプロット

4.4.4. 作成した価格モジュールの共同作業検証

図9 3件の価格モジュールでエキスパートを検証する際のバランスプロット

5. 使用説明

作成開始前に、ヘッダファイル"テイクプロフィットを計算する方法 CExpertAdvanced.mqh"と"CExpertSignalAdvanced.mqh" はMQL5/Include/Expert フォルダ内のMetaTrader 5 ターミナルのカタログにあり、価格モジュールのファイルはフォルダ MQL5/Include/Expert/MySignalにあることを確認します。エキスパート起動前には、コンパイルされたインディケータが MQL5/Indicators フォルダにあることを確認します。この場合、それは"DeltaZigZag.ex5"です。添付のアーカイブではファイルはすべてその場所にあります。このアーカイブを MetaTrader 5 ターミナルのあるフォルダに解凍し、カタログのマージを確認する時間がかかるだけです。

5.1. エキスパートの作成

エキスパート作成を開始するには MetaEditor テイクプロフィットを計算する方法 で『ファイル』→『新規』を選択します。

図10 MQL5 ウィザードを使用した新しいエキスパートの作成

図10 MQL5 ウィザードを使用した新しいエキスパートの作成

新しいウィンドウで『Expert Advisor (作成)』を選択し『次へ』を押します。

図11 MQL5 ウィザードを使用したエキスパートの作成

図11 MQL5 テイクプロフィットを計算する方法 ウィザードを使用したエキスパートの作成

図12 Expert Advisor の共通パラメータ


図12 Expert Advisor の一般的特性

ご注意ください! モジュール追加の際、まずシグナルモジュール(継承者 CExpertSignal)をすべてインクルードし、それから価格モジュール(継承者CExpertSignalAdvanced)を追加します。モジュールをインクルードするこの順序を乱すと結果は予測できません。

Exnessサインイン

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法

1. exness.comにアクセスし 、[ サインイン ]をクリックします 。新しいフォームが表示されます

。2。 アカウントにログインするために登録した メールアドレスパスワード入力 し、[続行]をクリックします 。3

。パーソナルエリアに正常にログインした後。 [マイアカウント]から、アカウントの設定アイコンをクリックしてオプションを表示します。

アカウントをお持ちでない場合は、この投稿を ご覧ください : 取引アカウントの作成方法

4.アカウント情報を選択すると、そのアカウントの情報を含むポップアップが表示されます。 ここにMT4 / MT5のログイン番号とサーバー番号があります。

トレーディングターミナルにログインするには、パーソナルエリアに表示されていないトレーディングパスワードも必要であることに注意してください。 テイクプロフィットを計算する方法 パスワード忘れた 場合は 、 前述の設定で [ 取引パスワードの変更 ]をクリックし てパスワードを リセットできます 。 MT4 / MT5ログインやサーバー番号などのログイン情報は固定されており、変更することはできません。

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法

あなたがあなたのブラウザで正しく取引したいなら。 「トレード」-「ExnessTerminal」をクリックします


トレーディングプラットフォームにログイン:MT4

ブラウザで直接取引したい場合は、「取引」-「MT4WebTerminal」をクリックしてください

。以下のような新しいページが表示されます。 ログインとサーバーが表示されます。パスワードを入力して[OK]をクリックするだけです。

今、あなたはMT4で取引することができます

トレーディングプラットフォームへのログイン:MT5

ブラウザで直接取引したい場合は、「取引」-「MT5WebTerminal」をクリックしてください

。以下のような新しいページが表示されます。 ログインとサーバーが表示されます。パスワードを入力して[OK]をクリックするだけです。

今、あなたはMT5で取引することができます テイクプロフィットを計算する方法


Exnessパスワードを回復する方法

  • パーソナルエリアパスワード
  • 取引パスワード
  • 読み取り専用アクセス
  • 電話パスワード(シークレットワード)


パーソナルエリアパスワード:

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法


2. [ パスワード忘れた]を 選択し ます。

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法


3. Exnessへの登録に使用したメールアドレスを入力し、 [ 私はロボットではありません ] にチェックマークを付けて、 テイクプロフィットを計算する方法 [ 続行 ]をクリックします 。

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法


4.セキュリティの種類に応じて、この次のステップに入力するための確認コードが電子メールに送信されます。 [ 確認]を クリックし ます。



5.新しいパスワードを2回入力します。6

。新しいパスワードが設定されました。 ログインして終了するときにのみ使用する必要があります。


取引パスワード:

1.パーソナルエリアにログインし、マイアカウントの任意の取引アカウントの歯車アイコン(ドロップダウンメニュー)をクリックして、[ 取引パスワードの変更 ]を選択します

2.ポップアップウィンドウの下に詳細が示されているルールに従って新しいパスワードを入力し、[ パスワードの変更 ]をクリックします

3.セキュリティの種類に応じて、この次の手順で入力する6桁の確認コードが送信されますが、 デモアカウントでは 必要ありません 完了したら、 [ 確認]を クリックし ます。


読み取り専用アクセス:

1. パーソナルエリアにログインし 、[マイアカウント]の任意の取引アカウントの歯車アイコン(ドロップダウンメニュー)をクリックして、[ 読み取り専用アクセスの 設定]を選択し ます

2.詳細なルールに従ってパスワードを設定し、それが取引パスワードと同じでないことを確認します。同じでない場合は失敗します。 完了したら [ 確認]を クリックします 。3

。サーバー、ログイン、読み取り専用アクセスパスワードを含む概要が表示されます。 [ クレデンシャルのコピー ]をクリック して、これらをクリップボードに保存 できます 。

テイクプロフィットを計算する方法
電話パスワード(秘密の言葉):

最初に登録したときに設定した秘密の言葉は変更できないので、安全に保管してください。 これは、クライアントをID詐欺から保護するためです。 秘密の言葉を失った場合は、ライブチャットでサポートに連絡してください。

6桁の確認コードを何度も間違って入力したため、ロックアウトされました。

心配しないでください。一時的にロックアウトされます が、24時間以内にこのアクションを再度完了 する こと ができます もっと早く再試行したい場合は、キャッシュとCookieをクリアすると役立つ場合がありますが、これが機能するとは限らないことに注意してください。


Exnessパーソナルエリアにログインできません

  1. Exness Webサイトへのログインには、登録時に使用した正確で完全な電子メールアドレスを使用していることを確認してください。
  2. PAパスワードを使用してログインします。取引アカウントのパスワードと混同しないでください。 PAパスワードを忘れた場合は、ここをクリック し て回復してください。
  3. パスワードでは大文字と小文字が区別されるため、キーボード設定とCapsLockを確認してください。
  4. 意図せずに入力した可能性のある余分なスペースがないか確認してください。 コピーアンドペーストを使用してクレデンシャルを入力している場合は、手動で入力してみてください。
  5. 最後に、過去にこのPAの終了を要求していないことを確認してください。 持っている場合、それを再利用することはできません。 続行するには、別のメールアドレスで 新しいPAを登録してください 。

Exnessで外国為替を取引する方法


ExnessMT4で新規注文する方法

チャートを右クリックし、 「取引」を クリック →「新規注文」を選択します。
または MT4で注文したい
通貨ダブルクリックします 。注文ウィンドウが表示されます


シンボル :取引したい通貨記号がシンボルボックスに表示されていることを確認します

ボリューム :契約のサイズを決定する必要があります。矢印をクリックして、ドロップのリストされたオプションからボリュームを選択できます-ダウンボックスまたはボリュームボックスを左クリックして、必要な値を入力し

コメント :このセクションは必須ではありませんが、コメントを追加することで取引を識別するために使用できます

  • 市場執行 は、現在の市場価格で注文を執行するモデルです。
  • 保留中の注文 は、取引を開始する予定の将来の価格を設定するために使用されます。

売り 注文と買い注文のどちらかを選択できます 。SellbyMarket はビッド価格で開かれ、アスク価格で閉じられます。 この注文タイプでは、価格が下がると取引が利益をもたらす可能性があり

ます。マーケット別 はアスク価格で開かれ、ビッド価格で閉じられ ます。この注文タイプでは、取引がプロファーをもたらす可能性があります。価格が上がる

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法

場合[買い]または[売り]をクリックすると、注文は即座に処理されます。貿易ターミナル


保留中の注文を行う方法


ExnessMT4の保留中の注文の数

  • 特定の市場レベルを破ることを期待している注文
  • 特定の市場レベルからの跳ね返りを期待する注文

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法

売りストップ
売りストップ注文では、現在の市場価格よりも低い売り注文を設定できます。したがって、現在の市場価格が$ 20で、売りストップ価格が$ 18の場合、市場がその価格に達すると、売りまたは「ショート」ポジションが開かれます。

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法

購入制限
買いストップの反対である買い指値注文では、現在の市場価格よりも低い買い注文を設定できます。 これは、現在の市場価格が$ 20で、購入制限価格が$ 18の場合、市場が$ 18の価格レベルに達すると、購入ポジションが開かれることを意味します。

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法

売り指値
最後に、売り指値注文では、現在の市場価格を超える売り注文を設定できます。 したがって、現在の市場価格が$ 20で、設定された売り制限価格が$ 22の場合、市場が$ 22の価格レベルに達すると、この市場で売りポジションが開かれます。

保留中の注文を開く

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法

マーケットウォッチモジュールでマーケットの名前をダブルクリックするだけで、新しい保留中の注文を開くことができます。これを行うと、新しい注文ウィンドウが開き、注文タイプを保留中の注文に変更できるようになります。

次に、保留中の注文がアクティブ化される市場レベルを選択します。また、ボリュームに基づいて位置のサイズを選択する必要があります。

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法

必要に応じて、有効期限(「有効期限」)を設定できます。これらのパラメータをすべて設定したら、長くするか短くするかに応じて、希望する注文タイプを選択し、停止または制限して、[配置]ボタンを選択します。

ご覧のとおり、保留中の注文はMT4の非常に強力な機能です。 これらは、エントリーポイントの市場を常に監視できない場合、または商品の価格が急速に変化し、機会を逃したくない場合に最も役立ちます。

ExnessMT4で注文を閉じる方法

オープンポジションを閉じるには、ターミナルウィンドウのトレードタブで「x」をクリックします。

または、チャートの線の順序を右クリックして、[閉じる]を選択します。

ポジションの一部のみをクローズしたい場合は、オープンオーダーを右クリックして「変更」を選択します。 次に、「タイプ」フィールドで、即時実行を選択し、ポジションのどの部分をクローズするかを選択します。

ご覧のとおり、MT4での取引の開始と終了は非常に直感的で、文字通りワンクリックで完了します。


ストップロスを使用して、ExnessMT4で利益とトレーリングストップを取ります


ストップロスを設定して利益を得る

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法

ストップロスまたはテイクプロフィットを取引に追加する最初の最も簡単な方法は、新しい注文をするときにすぐにそれを行うことです。

これを行うには、ストップロスまたはテイクプロフィットフィールドに特定の価格レベルを入力するだけです。ストップロスは市場があなたのポジションに逆らって動くときに自動的に実行され(そのため名前:ストップロス)、価格が指定された利益目標に達するとテイクプロフィットレベルが自動的に実行されることを覚えておいてください。これは、ストップロスレベルを現在の市場価格より低く設定し、テイクプロフィットレベルを現在の市場価格より高く設定できることを意味します。

ストップロス(SL)またはテイクプロフィット(TP)は、常にオープンポジションまたは保留中の注文に関連していることを覚えておくことが重要です。 取引が開始され、市場を監視している場合は、両方を調整できます。 それはあなたの市場ポジションに対する保護命令ですが、もちろん彼らは新しいポジションを開くために必要ではありません。 後でいつでも追加できますが、常に自分の位置を保護することを強くお勧めします*。


ストップロスとテイクプロフィットレベルの追加

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法

すでに開いているポジションにSL / TPレベルを追加する最も簡単な方法は、チャートのトレードラインを使用することです。 これを行うには、トレードラインを特定のレベルまで上下にドラッグアンドドロップするだけです。

SL / TPレベルを入力すると、SL / TPラインがチャートに表示されます。 このようにして、SL / TPレベルを簡単かつ迅速に変更することもできます。

下部の「ターミナル」モジュールからもこれを行うことができます。 SL / TPレベルを追加または変更するには、オープンポジションまたは保留中の注文を右クリックして、[注文の変更または削除]を選択します。

注文変更ウィンドウが表示され、正確な市場レベルで、または現在の市場価格からポイント範囲を定義することで、SL / TPを入力/変更できるようになります。


トレーリングストップ

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法

ポジションが利益を上げるとすぐに、トレーリングストップは自動的に価格に従い、以前に確立された距離を維持します。

ただし、上記の例に従うと、利益が保証される前に、トレーリングストップがオープン価格を超えるのに十分な大きさの利益を取引が実行している必要があることに注意してください。

ログインしてExnessで外国為替の取引を開始する方法

トレーリングストップを設定するには、「ターミナル」ウィンドウでオープンポジションを右クリックし、トレーリングストップメニューでTPレベルと現在の価格の間の距離の希望のピップ値を指定します。

これで、トレーリングストップがアクティブになります。これは、価格が収益性の高い市場側に変化した場合、TSはストップロスレベルが価格に自動的に従うことを保証することを意味します。

よくある質問(FAQ)


通貨ペア、クロスペア、基本通貨、および見積もり通貨

があります 。USDを 含まない通貨ペアは 、クロスペア と呼ばれます。

通貨ペアの最初の通貨は「 基本通貨」 と呼ばれ、2番目の通貨は 「見積もり通貨」 と呼ばれ ます

指値注文・逆指値注文の活用方法

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

テイクプロフィットを計算する方法

1.そもそもエントリーが分からなくなるの?

チャートが読めなくなる

ニュースが読めなくなる

2.エントリーポイントが分からなくなる理由

分からなくなる要因とは?

自分は正しいトレードをしている

利益がトレードを見失わせる

再び相場に否定され悩みへ

3.実際のトレードでの活かし方

相場を休む

初心を思い出す

エントリーに捉われない

今回は「エントリーポイントがわからなくなってしまう!」と言う話をさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?

口座開設

【注意事項】
この記事は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。
投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。

この記事をシェア

新しい記事

西本豪

起業家/投資家。オーストラリア大手通信事業でのセールス時代にリーマンショックを経験。
『汗水流した給与も為替の影響で一瞬で半額になること』を知り、学生時代から始めたFXの世界へ本格参戦。
短期売買でエントリーしたポジションをスイングや長期ホールド型に伸ばすトレードを得意としています。

シリーズ新着記事

西本豪

FXのエントリーポイントが分からなくなった時に!

西本豪

FXは経済指標を使って取引を有利に進められる!?

西本豪

FXは長期保有の方が有利だと言われる理由と攻略法

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意

【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。
暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。
取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる