国内バイナリーオプション

バイナリー オプション 5 分 エントリー ポイント

バイナリー オプション 5 分 エントリー ポイント
バイナリーオプションの5分取引と15分取引。
似ている判定時間ではありますがどのような違いがあるのでしょうか。

バイナリーオプションの鉄板エントリーポイント発見例【見逃し厳禁】

更新[2022/01/09]

バイナリーオプションをのエントリーポイントを見つける上で大切なのは、そのインジケーターが通用する場面かどうかを判断し、テクニカルが効かない場面をいかに排除していくかにある でしょう。
それを踏まえて、このページではバイナリーオプションのエントリーポイントの探し方を説明します。

このページは、テクニカルアナリスト監修記事です。内容は難しいですが、 エントリーポイントの発見はバイナリーオプション攻略に必須 ですので、参考にしてくださいね。インジケーターの知識がない方は、以下の記事を先にご覧になったほうがわかりやすいかもしれません。

エントリーポイントの探し方

バイナリーオプションのエントリーポイントの画像

  1. まずは相場の流れを掴む(環境確認)
  2. トレンドの有無の確認
  3. 順張り、逆張りの選択
  4. インジゲーターの選択
  5. エントリーポイントを見つける

エントリーポイントの探し方①時間帯

バイナリーオプションのエントリーポイントの画像

バイナリーオプションのエントリーポイントを探す上で重要な 値動きのある時間帯 は、主に以下の2つです。

各市場のオープン時間、クローズ時間

市場がオープンする前後の1時間ぐらいや、クローズする前の1時間ぐらいは、様々な思惑で資金が入りやすい時間帯 です。
特に、世界最大の為替市場であるロンドンがクローズする時間は、「ロンドンフィックス」と呼ばれ、非常に注目される時間帯です。

バイナリーオプションのエントリーポイントの画像

ロンドン市場とニューヨーク市場の取引が重なる時間帯

欧州の取引とアメリカの取引が重なるのは、 日本時間で冬時間のPM10時からAM1時、夏時間ですとPM9時からAM0時です。
この時間帯が一番取引参加者の多い時間帯ですので、当然値動きも大きくなります。

次は、 トレンドの発生しづらい時間帯 について解説します。

東京時間のAM11時~PM14時

日本の昼の時間帯は、欧州、米国は眠っている時間ですので市場参加者は限られます。
東京時間の為替の仲値を決めるAM9時55分を過ぎ、上海、香港の市場が開く時間を越えたAM11時以降は、大きな資金があまり動かない時間帯 となってきます。

バイナリーオプションのエントリーポイントの画像

ロンドンフィックス終了30分後~ニューヨーク市場クローズ1時間前

ロンドンフィックス (冬時間AM1時、夏時間AM0時)を過ぎると、その後30分ぐらいは、変動の揺り戻しなどで荒い値動きが残ることもあります。
しかし以降は、欧州勢の参加者が減るので値動きが落ち着いてくる傾向があります。

バイナリーオプションの5分取引を攻略する手法とは?勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説!

バイナリーオプションの5分取引を攻略する手法とは?勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説!

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

ただですね、 実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

しかし・・・・・

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、様々なインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしたんですよね。

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「 BS signal 」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「 Mixsign 」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「 bolicator 」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「 Bollitouch 」を利用

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 バイナリー オプション 5 分 エントリー ポイント ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

バイナリーオプション5分取引攻略

未分類

バイナリーオプション5分取引を逆張りで攻略

・RSIを用いた逆張り5分取引手法
・RSI+ボリンジャーバンドを用いた逆張り5分取引手法
・CCI+RSIを用いた逆張り5分取引手法

RSIで5分取引逆張り攻略

RSI バイナリーオプション 攻略

RSI+ボリンジャーバンドで5分取引逆張り攻略

【エントリー手順】
①レンジ相場を見つける(重要)
②ボリンジャーバンド±2σに触れる
③RSI70or30の線を超える
④逆張りエントリー

CCI+RSIで5分取引逆張り攻略

CCI RSI エントリー

バイナリーオプション5分取引を順張りで攻略

バイナリーオプション5分取引を順張りで攻略

移動平均線で順張り攻略

強めのトレンド相場を見つける時は、パーフェクトオーダーを活用するということ。

短期or中期の移動平均線どちらを支持線、抵抗線と判断するかは自分の裁量次第です。・勝率は多少上がるがエントリーポイントは少なくなる⇨中期移動平均線
・勝率は多少下がるがエントリーポイントが多くなる⇨短期移動平均線

バイナリーオプション5分取引の攻略テクニックを公開!併せて2つのメリットも解説!

攻略テクニック

私

そういった利点・欠点を踏まえて、私は 5分以上の判定時間の方が1分取引よりも安定して勝ちやすい と考えています😁

そう考える理由についてはこの後詳しくお話していきますが、今回はそれと併せて 5分取引・10分取引の攻略方法 についてもお話していけたらなと思ってます(*´∀`*)

バイナリーオプション5分取引の2つのメリット

まずは “そもそも私がなぜ5分以上の取引を行っているのか?” ということについてお話していきますね😄

  • ①相場の大きな流れに乗っかりやすい
  • ②突発的な値動きに結果を左右されにくい

こういったメリットがあることから 5分以上の取引は安定感に長けている と考えています(*´∀`*)

【5分取引のメリットその①】相場の大きな流れに乗っかりやすい

これって単純に考えれば “近い未来の方が予測しやすそう” と思ってしまうんですが、相場には目の前の動きを見ているだけでは読み取れない“大きな流れ”があります。

いわゆる 『トレンド』 ですね(*゚∀゚)

【5分取引のメリットその②】突発的な値動きに結果を左右されにくい

もう少し判定時間が長ければ勝てていたところを、 判定時間が短すぎたことによってトレンド方向に進みきれず負けてしまう ケースですね😅

私

バイナリーオプション5分取引攻略のための最優先事項は相場の方向性の見極め

先ほど 「最終的にトレンド方向に進む可能性が高いのであれば、判定時間は短いより長い方が有利」 とお話したのを覚えているでしょうか^^?

そもそも “トレンド相場とトレンドの方向性をキチンと見極められることが大前提” なのです✋


  • ①インジケーター『移動平均線』を使ってトレンドを把握
  • ②上位時間軸を確認して大きな流れを把握

【5分取引攻略のポイントその①】インジケーター『移動平均線』を使ってトレンドを把握

  • ①ローソク足がMAの 上 にあり、②MAが 右上がりに傾斜 していれば 上昇トレンド
  • ①ローソク足がMAの 下 にあり、②MAが 右下がりに傾斜 していれば 下降トレンド

続いてお話するもう1つの攻略方法は、 より大きな相場の方向性を確認することでエントリーの確度を上げるための方法 です👍

【5分取引攻略のポイントその②】上位時間軸を確認して大きな流れを把握

上位時間軸というのはザックリ言うと 今見ている時間軸よりも大きな(長い)時間軸 のことです😀

これを加味して考えると、トレンド相場でエントリーを狙っていく際は “下位時間軸が上位時間軸と同じトレンド方向に進んでいる状態が望ましい” ということになります👇


5分取引攻略のポイントまとめ

今回はエントリータイミングやエントリーポイントについてのお話は敢えてしませんでしたが、5分以上の取引は判定時間が長い分、 トレンド相場の恩恵を受けやすい のが強みです😊

ワンポイントアドバイス! ちなみに5分以上の取引をする場合、取引種別は『短期取引』ではなく 『ハイロー(High&Low)』 がオススメです✋
短期取引はエントリー時からピッタリ◯◯分後に決済されるためエントリータイミングにシビアになる必要がありますが、ハイローは終値のタイミングで決済されることが決まっているため、 ある程度タイミングがズレても次のローソク足の予期せぬ動きに巻き込まれることはありません 🎶

バイナリーオプション5分取引の攻略手法【プロが解説】

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

バイナリーオプションの5分取引の攻略手法

バイナリーオプションの5分取引を攻略する方法は、そこまでも珍しいものはありません。裏技的な手法や、悪魔の手法と呼ばれるような完全に「それ一本で勝率が上がる!」というものは存在しないと思ってください。
どちらかと言うと基本に忠実にあればあるほど、勝率が上がっていくようなイメージです。30秒などの極めて短いスパンの取引は若干バイナリーオプションの本質からそれているところもあり、若干トリッキーな手法を使う必要もありますが、この辺りの時間帯から一般的なバイナリーオプションの攻略法が適用可能となってくるわけです。

レンジ相場を利用して逆張りでエントリー

まず押さえておきたいのが、レンジ相場を利用して逆張りエントリーをするという攻略法です。これは基本的にはバイナリーオプション取引の基本的なやり方の一つなのですが、5分取引でも例外に漏れず、この方法が有効です。

具体的には、相場がレンジ相場であることが前提条件となります。レンジ相場の相場で反対の方向にそろそろ動きそうだと思われるタイミングをまず見つけましょう。
その時に、 現在の動きの反対側にエントリーをすることで勝ちを狙いにいきましょう。 このタイミングは様々なオシレーター系指標などを組み合わせることで確認をすることができます。

オシレーターのダイバージェンスで逆張り

ダイバージェンスについてはとても平たく説明してしまえば、トレンドが弱くなってきており、じきにトレンド転換が発生することを示唆する状況です。
逆行現象とも言いますが、例えば相場の高値or安値を更新しているにもかかわらず、オシレーター系指標の数値がそれとは逆の数値を示している場合、ダイバージェンス発生の可能性があります。

そして時間がないのでの記事をご覧にならない方、もしくは超初心者の方のために恋愛にたとえてこの状況をご説明しますと、 最近彼女がやたらハイテンションでニコニコしているけど実はそれが別れのサインだったという、あの現象と同じです。

トレンド転換を見逃さない

レンジ相場からトレンドに相場が動き出す時。このタイミングは絶対に見逃してはなりません。
いわゆるレンジブレイクの時です。5分取引の良い所に、ローソク足がそのまま使えるというものがあります。

3分取引などでは、ローソク足も5分足のものや1分足の物を組み合わせて使うしかありませんでしたが、 5分取引の場合はそのままズバリの5分足というローソク足が使えます。
これを使わない手はありません。ローソク足などをチェックしつつ、トレンド転換発生時にエントリーを行うことで、着実に勝ちを積み重ねていくイメージで進めていくことができます。

トレンドが強すぎるときは取引をしない

また、超短期取引の場合はトレンドが強ければ強いほどチャンスと考えて取引をするように!とよく話題に上りますが、5分取引の場合はその逆です。
トレンドが強すぎる時は取引をしない方が良いでしょう。

重要な経済指標が発表されたタイミングなどでは、もう少し短い時間での取引を優先させるべきでしょう。
もし、5分取引を取引の「軸」にしたいと考えているのであれば、こういった時には様子を見るくらいの気持ちでいることが重要となります。 バイナリー オプション 5 分 エントリー ポイント
さらに言ってしまえば、トレンドが強くなりすぎたり相場が極めて荒れると思われる時間帯は最初から5分取引を控えるようにスケジューリングするというのも一つの手法となりうるでしょう。

例えば、重要な経済指標が発表されるタイミングや、雇用統計が出るタイミングはあらかじめスケジュールされています。
そのため、事前に把握することが可能です。このタイミングにわざわざ5分取引を軸にして取引に出るというのは愚策と言ってしまっても良いでしょう。
つまり、最初から嵐がくるとわかっている時には船を出さず、おとなしく見守るというのも一つ負けないための手法といえるわけです。

ボラティリティに気をつける

例えば5分取引の場合は、ボラティリティがある程度大きくて波がしっかりとエッジの立っている状況を好みます。
このような相場であれば、その後の様子を予想しやすくなります。
また各種指標を利用した際にも、分析結果がよりシャープなものとなりますので、勝率をアップさせることに繋がります。

反対にボラティリティが少なく、波がぼやけているような相場の場合、相場がどの方向に動くか迷っている状況と考えられます。
特にそれがレンジ相場の場合はいつどこで大きな転換が訪れるか判断ができません。
正確には判断できないこともありませんが、初心者のうちはこの判断が極めて難しいため、手を出さないのが賢明というわけです。

バイナリーオプションの5分取引の特徴

バイナリーオプションの5分取引は、長期的な取引の良いところと、短期的取引の良いところを掛け合わせたような存在です。つまり、 バランスが良く長期的な取引の時に使用するような攻略手法が比較的通用しやすい特徴があります。

とはいうものの、バイナリーオプションの5分取引にも、もちろん二面性が存在します。
メリットとデメリットです。
そこでここでは、バイナリーオプション5分取引についてそれぞれ今までの経験からわかってきたものを元にメリットとデメリットを分析しました。下記でご紹介します。

その反面、5分取引は5分間という時間がありますから、ある程度物事を整理しつつ考えながら取引を続けることが可能です。
それでいて1時間の間に5回から6回以上は安定して取引ができるので、1日の中の取引回数はある程度増やすことができます。

また、強烈なトレンド相場が発生しているときは基本的には手を出すべきではないものの、 5分軸でも「間違いなく上がっていくだろう・下がっていくだろう」と容易に想像ができるレベルの超強力トレンド発生時には、トレンドフォローをすることも不可能ではありません。 この、小回りの良さもおすすめのポイントと言って良いでしょう。

そのため、どのバイナリーオプション業者でも比較的ペイアウト率を高めに設定しています。
その他、取引業者や取引の内容によっては、スプレッド取引などが併用できるケースもあります。この場合は、極めてペイアウト率が高くなる傾向にあり、場合によっては2.0倍近くのペイアウト率になることも考えられます。

こういった取引の場合、一度の勝利で手元の資金が2倍近くになる可能性もありますので、この辺りの要素は十分に考慮して使うようにしていきたいところです。
つまり、 勝率をあげられるような手法やテクニック、知識・ノウハウをきちんと持ち合わせていれば、バイナリーオプションの5分取引は30秒取引などのとても短い判定時間に比べて勝率を安定させやすく、それでいてペイアウト率も高めの水準で受け取ることができるというメリットがあります。

そして第3のメリットとして、判定時間がある程度確保されているので、基本的にドロー判定が出ることはまずない、という部分があります。
例えば、ボラティリティが低い通貨ペアや時間帯の場合、短い判定時間だと値動きが発生せずにドロー判定がでることがあります。この場合、海外のバイナリーオプション業者だとドロー判定=ユーザー側の負けと判定されるケースが多いため、勝率アップにつながらないどころか負けが増えてしまうというデメリットがあります。
それに対して5分取引の場合は、さすがにどんなにボラティリティが低い相場でもドロー判定がでるような「値動き0」といったケースはあまり見られません。
そのため、多少なりとも値動きが発生することを考えれば、様々な戦略を立てることも可能となるわけです。

デメリット

メリットがあればデメリットがあります。バイナリーオプション5分取引は超短期的取引の良いところと長期取引の良いところを両方持っていますが、残念ながらそれはそれぞれの悪いところを両方持ち合わせているという意味になります。
つまり、考え方によっては中途半端な判定時間ということになるわけです。

しかし、やはり強力なトレンド発生時にはこれよりも短い判定時間で取引をしたほうが勝率はアップすると言えます。 バイナリー オプション 5 分 エントリー ポイント
このように5分取引の良い所ばかりを組み合わせれば素晴らしい判定時間ではあるものの、反対に悪い所にはまってしまうと、バイナリーオプションの取引は楽しくないものになってしまいます。
5分取引のメリットとデメリットをしっかりと理解して、戦略を立てていくことが重要です。

どんな人に向いているの?

30秒取引では短すぎるという人
短い判定時間すぎると精神安定上良くないという人
ボリンジャーバンドやオシレーター系指標を使って取引したい人
FXなどで相場取引の経験がある人
取引向けのツールをすでに使用している人
セミナーなどで5分取引を軸にしたレッスンを受けている人
短期取引と長期取引の良いとこ取りをしたい人

とにかく取引回数を増やしたい人
ノイズを利用した逆張りエントリーなどの手法を試したい人
強烈なトレンド発生時のみトレンドフォローで勝ちたい人
超初心者でツールなどがよく分かっていない人
国内のバイナリーオプション業者のみを利用したい人

バイナリーオプションの5分取引と15分取引の違いは?

バイナリーオプションの5分取引と15分取引。
似ている判定時間ではありますがどのような違いがあるのでしょうか。

結論から申せば、5分取引と15分取引の最大の違いはペイアウト率にあります。
やはり、5分取引はまだまだ超短期的な取引という区分に該当しますので、どのバイナリーオプション業者でも基本的にペイアウト率は高めの水準がつくのがほとんどです。

その反面、15分取引ともなればいわゆる一般的なバイナリーオプションの判定時間という認識となりますので、ペイアウト率は難易度の兼ね合いでかなり下がります。
そのため、同じような判定時刻ではあるものの、ペイアウト率の部分だけを見るなら5分取引の方がお勧めと言えるでしょう。

バイナリーオプションの5分取引は極めて人気の判定時間です。
1分取引などの短いスパンでの取引と比較すると様々な分析手法やオシレーター系指標などの介入できる部分も増えてきて、一般的な為替相場の分析に利用できるような分析やテクニカルな考え方が活きてくる判定時間と言えます。

【追伸】5分取引を攻略するために重要な、もう一つの方法を暴露します

今回ご紹介したようにバイナリーオプションの5分取引は、ある意味では取り組みやすいバイナリーオプションの判定時間の一つです。
ただし、 どんなに取り組みやすくバランスの取れている判定時間であっても勝率を安定させることができなければ、総合的に勝ち上がっていくことは不可能と言ってよいでしょう。

そのため、勝率を上げたり勝ち上がっていくための工夫を凝らすのは極めて重要なポイントとなります。それでは、勝ち上がっていくためにはどうすれば良いか?マインドセットから何から総合的に投資家として価値上がっていくためのスキルセットを身につけることが重要です。

プロの投資家から教えを受けてください。 とはいうものの、プロの投資家との接点はそこまで多くはありません。通常彼らは、表の舞台に姿を現すことはないからです。
しかし、私は違います。

結論から言えば、無料で私の[email protected]をここに置いておきます。
ここでは、ブログじゃ言えないような内容やブログの内容を踏襲してもっと踏み込んだ内容など様々なコンテンツを提供いたします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる