FXのやり方紹介

ストップロスオーダー

ストップロスオーダー
◆スピード注文
スピード注文は、1クリックで即時注文が可能な次世代の注文方法です。
新規・決済・ドテン・同一通貨ペアの全決済注文も1クリックで操作できます。注文スピードとキーボードのショートカット機能を備えた操作の自由度は、過去の取引ツールの常識を一変させる革命的な機能になります。

外国為替取引に関するお取り扱い方針

当行はマーケットメーカーとして、取引毎ではなく合計して為替持ち高(ポジション)を管理しております。当行はマーケットメイクを行う為に、お客さまとの取引の前、または同時に、ポジションの調整や解約、他の取引相手との取引等を行うことがあります。これはお客さまのオーダーが執行される前に、実際の、または予想されるリスクに対するヘッジを行うこと(プリヘッジ)も含みます。
当行自身の取引やマーケットメイク活動は、お客さまのオーダーを執行する為の取引や流動性に影響することがあります。これはストップロスや通貨オプションの権利発生・消滅、またはこれらと同様の状況を引き起こすことも含みますが、不当な市場への影響を避ける努力を当行は常に行います。
当行は取引やマーケットメイクを通じて当行が取得する情報から想定される利益相反を適切に管理いたします。

お客さまの情報の保護

  • 取引の執行、事務、清算、譲渡、決済に必要な場合
  • 関連法規に応じて開示する必要がある場合、または関連規制当局、公的機関、省庁、中央清算機関の要求がある場合
  • 公的な政策目的の為に中央銀行の要求がある場合
  • 機密情報を保護するという条件で、アドバイザー、コンサルタント、システムベンダー等のサービス提供会社または外部委託先に対して開示する場合
  • お客さまの同意または依頼がある場合
  • 当行の営業担当、市場部門、その他関係部署によるお客さまの興味、取引目的、取引に関する要望、マークアップ、ビッド・オファー・スプレッド、その他関連事項の協議
  • 取引に係る流動性の確保とリスク管理
  • 取引に係る市場への影響の評価や与信リスク管理、マーケティング、お客さま関係管理等の内部管理

マーケットカラー

当行は、「グローバル外為行動規範」への遵守意思表明を行っており、同規範に基づいて当行の外国為替取引業務を行っております。当行の「遵守意思表明書」は こちら(PDF/132KB) をご覧下さい。
当行は、流動性提供者として「グローバル外為行動規範」で推奨されている「ディスクロージャーカバーシート」を制定しております。当行の「ディスクロージャーカバーシート」は こちら(PDF/458KB) をご覧下さい。

「ストップロス」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「ストップロス」の意味は以下の通りとなります。
(1)指値注文の「リミットオーダー」と逆な考えで、新規注文の場合なら指定した価格よりも高くなったら買い注文、又下がったら売り注文を入れる方法。
(2)株やFX取引の際、新規注文なら相場の勢いに乗って注文ができ、決済注文なら損失限定や利益確定の手段として好まれる取引方法。
(3)日本語訳では「逆指値注文」で、「損切りライン」や「損切りオーダー」等と同義扱い。
逆指値注文「ストップロス」の理屈は、指値注文「リミットオーダー」と比較すると分かり易いです。例えば、株やFX取引の場合で、これから新規の買い注文を入れるとします。買い注文とは、これから値が上がると予想するもので、その後実際に値を上げたならある程度のところで決済すると利益になります。買い注文を入れる時に、投資家の考える方法は二つです。一つは指値注文「リミットオーダー」で、価格が少し下がったところに注文を入れて、その後決済をする。しかし、この注文だと下がるというのは勢いがない場合もあるので、そのままズルズルと下がる可能性も秘めています。対する、今回の逆指値注文「リミットオーダー」は、価格がさらに上がったところで注文を入れているので、「高い値段を勢いに乗って買う」という考えになります。理屈としては、そのままさらに価格が上がると思っているので、買い注文を入れたのです。もちろん、先ほど同様に買い注文が通った後に一転して下がる事もあるので、どちらの取引方法が正しくて間違っているとは言えません。しかし、相場の勢いに乗る所謂「ブレイク」を狙った方法である「ストップロス」は、変動が激しい相場の時にはこちらを好む投資家も大勢います。

ストップロスの由来

ストップロスの文章・例文

例文1. ストップロスとリミットオーダーを駆使して、今年の相場に参戦したが、無残にも失敗続きと損失膨らみで退場した。
例文2. ストップロスとはブレイクアウトを狙った手法であり、勝率は低くなるが一度の利益は大きくなり、長期的には有効な方法とされている。 ストップロスオーダー
例文3. ストップロスは下げ相場で新規注文を入れるのが、合っている気がする。
例文4. ストップロスを組み合わせたOCO注文がより実践で使える。
例文5. FX取引ではストップロスやリミットオーダーは、最早定番中の定番注文である。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる