証券取引

ビットコインベアマーケット

ビットコインベアマーケット
これは有料のプレスリリースであるため、Blogtienaoは、この記事の他のコンテンツ、正確性、品質、広告、製品、またはその他のリソースについて、保証も責任も負いません。 読者は、プロジェクトに関して行動を起こす前に、独自の調査を行う必要があります。 Blogtienaoは、プレスリリースに記載されているコンテンツ、商品、またはサービスの使用または信頼に起因または関連して発生した、または引き起こされたとされる損害または損失について、直接的または間接的に責任を負いません。

仮想通貨を担保とする即時融資「Nexo」がBinance Coinを担保に追加

Nexoのマネージング・パートナーを務めるAntoni Trenchevは、次のように述べています。「当社の増え続ける担保オプションのリストにBNBを組み入れたことで、当社のお客様の選択肢が広がり、Binance Coin(BNB)のさらなる実用性が高まり、売りのプレッシャーが緩和されます。当社は、コミュニティのための価値を生み出し、より広範な仮想通貨エコシステムを構築することを最終目標に掲げています。今回BNBを組み入れたことは、この方向に向けた新たなステップです。」

Binanceについて
Binanceは2017年7月に共同創業者のChangpeng ZhaoとYi Heが開設した国際的な仮想通貨取引所です。2018年7月初め、Binanceは取引高が16億ドル近くにおよぶ世界最大の取引所となりました。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

CNET Japan Top Story

  • 写真で見る「Apple Park」--宇宙船のようなアップル本社内部、初の一般公開
  • 夢は宇宙ホテル--国際宇宙ステーション退役後を見つめる東北大発スタートアップ
  • Twitterでのヲタ活に「検索避け」を使う若者たち--つながりすぎたくない理由とは
  • SIE、「The Last of Us Part I」PS5版を9月2日発売--「ラスアス」をフルリメイク
  • 日本マイクロソフトが社長交代--アーメッド ジャミール マザーリ氏が就任、吉田氏は退任へ

ホワイトペーパー

ランキング

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

企業情報センター

USA Business Sites

International Business Sites

The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'CNET', and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

仮想通貨ベアマーケットの過ごし方

Binanceが登録MUSTな仮想通貨取引所である理由:
・350種類以上の取扱コイン
・豊富なセービング(預金)とステーキング
・簡単登録・取引スタート(解説動画:下記に記載あり)
———
注目しているDEX
✅ APEX 公式HP: https://app.apex.exchange/referral/Joe23
APEX公式 Twitter: https://twitter.com/OfficialApeXdex
APEX Launchpad:上記の登録ページ▶︎トレード▶︎ローンチパッドでご確認ください

Ledgerが世界で選ばれている理由:
・高いセキュリティと初心者でも使いやすい設計
・圧倒的な知名度と安心感
・NFTにも対応!

✅【CoolWalletPro】圧倒的使いやすさと安全性を誇るハードウォレット
👉商品サイトはこちら:https://joecw.base.shop
■商品レビュー動画はこちら:https://youtu.be/Mt4AITZ0eJU

CoolWallet Proが世界で選ばれている理由:
・高いセキュリティと初心者でも使いやすい設計
・DeFiでのステーキングやNFTにも対応!
——————————————————————-

\ その他のオススメ✨/
▼投資をするなら必需品!チャート分析ツール【Trading View】https://ux.nu/mteg2
▼仮想通貨のDiscordグループへの参加はこちら:https://discord.gg/r4vfYVcbbT

\ YouTubeチャンネルとSNS✨/
【仮想通貨チャンネル】https:ビットコインベアマーケット //ux.nu/4moTC
【投資家養成チャンネル】https://ux.nu/ezCiE
【Twitter】https://twitter.com/TakayamaJoe
【Voicy】https://voicy.jp/channel/1661
【PostPrime】 https://postprime.com/JoeTakayama
【Podcast】https://anchor.fm/joe-takayama
【Blog】https://crypto-bang.com

\ 自己紹介 ✨/
●米系証券会社でヘッジファンドトレーダーとしてキャリアをスタート
●株・債券・為替・仮想通貨・不動産を対象に投資運用
●米投資銀行にて企業買収(M&A)業務も経験 ビットコインベアマーケット ビットコインベアマーケット
●海外生活合計約10年

今話題のビットコインレバレッジトラッカーとは?ブルベア型との違いって何?徹底解説です!

レバレッジトラッカーとは何?ということですが、まず言葉を分解してみましょう。
言葉の前後で分けると、「レバレッジ+トラッカー」になります。
レバレッジは、皆さんも良くご存じかと思います。
聞き馴染みがないのが、トラッカーです。トラッカーとは、英語でTrackerと表記し、Track(追跡する)という言葉から来ています。つまり、レバレッジトラッカーとは「ある資産にレバレッジをかけた状態で、連動していく商品」と訳すことが出来ます。

しかし両者には決定的な違いがあります。
ブルベア型投信は、原資産の「変動率」にレバレッジをかけるのに対して、レバレッジトラッカーは原資産の「変動幅」にレバレッジをかけているのです。

繰り返しになりますが、こちらのグラフは信託報酬などの手数料は一切考慮しておりません。
従って、時間が経過することによって資産価値が目減りしていくことはありません。
しかし実際は、どうでしょう?
ビットコインの価格が18年1月の水準より約2倍に上昇しているにも関わらず、ブル型投信は当初の水準以下に下落しております。
本来であれば、原資産が当初の2倍になったのですから、4倍の価格になっていて然るべきでしょう。

何故このようなことが起きてしまうのか?
それは、変動率にレバレッジをかけているからなのです。
原資産の変動率の〇倍に価格が動いていくためには、原資産が上昇した日には、さらに保有資産を買い増しし、下落した場合には、資産を売却するという行為が必要になります。(※これについて詳しく仕組みを解説した記事として、「ブルベアファンドの脅威とは?大きく変動した日は、大引けは順張りで!?」がありますので、ご参考にしてください。)


レバレッジトラッカーは?


両者の弱点は?

それでは、レバレッジトラッカーは完璧な商品か?というと、そうでもありません。
先程のグラフを見ていただくとお分かりかと思いますが、価格がマイナスになっている部分があるかと思います。
これはあくまでも仮想上の商品ですので、計算式で計算されるがままをグラフにしたので、このように表示されていますが、実際には、マイナス価格になる前に、ソフトリミット(買取値段が2円になった際に、新規の販売を停止し、買取のみになる。)、ハードリミット(買取値段が1円を下回ると、強制決済となり、事実上のロスカットとなる。)があります。
従って、今回はプラス2倍で検証しましたが、実際に販売されているプラス5倍のレバレッジトラッカーですと、相場が下落した際には、そのリミットにタッチする確率がより高くなり、自動ロスカットになるリスクもあるということになります。

但し、これは見方を変えれば、ズルズルと損切出来ずにポジションを引っ張ることのないように、投資家を保護しているとも考えられるので、一概に欠点とも言えないでしょう。また当然ですが、追証が発生するリスクもありません。

どちらが好みかという問題にもなりますが、実はビットコインを対象としたブルベア型投信は現在国内には存在しません。
これには深い事情がありまして…
ファンドと言えば、日本では一般的には投資信託を指しますが、投資信託はルール上、日々公表される基準価格がマイナスになるわけにはいきません。そこで例えば、原資産が値幅制限いっぱいに変動したとしても、その変動率×レバレッジが-100%を超えない範囲内に収まるように、余裕を持ったレバレッジを当初から設定して販売しています。
そのため、米国CMEでビットコイン先物が上場し、値幅制限が±20%に設定されているとはいえ、ビットコイン(またはビットコイン先物)をブルベア型投信の原資産とするには、未だリスクが高すぎると判断されています。

その他、今回は議論の対象にはしませんでしたが、税制面でも雑所得による総合課税扱いではなく、申告分離課税扱いになるなど、税率面でのメリットもあります(*1)ので、ぜひとも利用していただければと思います。

このサイトについて

eワラントジャーナルは、投資、経済、金融に関する情報を配信するメディアです。「投資をもっとお手軽に、もっと面白くする」カイカ証券が運営しています。
©2021 CAICA Securities Inc.
※eワラント証券株式会社は、カイカ証券株式会社の旧商号です。

関連リンク

zaif_pr

イーワラントとは?

eワラントは大きな値動きが特長の金融商品です。小額で、損失限定なのに、レバレッジをかけて相場の上昇局面、下落局面のいずれでも利益を狙えます。
eワラントのお取引をはじめるには、お取引口座の開設が必要です。カイカ証券では新規口座の開設を承っております。取引委託手数料は無料(0円)です。
商品解説資料「マンガでわかるeワラントの始め方」は、こちら からダウンロードできます(無料)。

Pick Up

サイト内検索

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、 一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。 ニアピン(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。 同一満期日を持つ全ての種類のニアピンを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。 トラッカー(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。 このため、投資元本の保証がなく、損失が生じるおそれがあります。トラッカーの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。 また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーの価格も影響を受けます。 なお、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
商号等/カイカ証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
取引委託手数料は無料(0円)です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーの購入価格には年率で計算された管理コストが予め含まれています。また、暗号資産先物インデックス(リンク債)を対象とするトラッカーでは、原資産価格に管理コストが織り込まれていきます、これは保有期間に応じて投資家が負担する間接的なコストとなります。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

【免責事項】1.「日経平均株価」は、株式会社日本経済新聞社によって独自に開発された手法によって、算出される著作物であり、株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」自体及び「日経平均株価」を算定する手法に対して、著作権その他一切の知的財産権を有している。2.「日経」及び「日経平均株価」を示す標章に関する商標権その他の知的財産権は、全て株式会社日本経済新聞社に帰属している。3.「本件カバードワラント」は、乙の責任のもとで運用されるものであり、株式会社日本経済新聞社は、その運用及び「本件カバードワラント」の取引に関して、一切の責任を負わない。4.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延又は中断に関して、責任を負わない。5.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」の構成銘柄、計算方法、その他「日経平均株価」の内容を変える権利及び公表を停止する権利を有している。
©2021- CAICA Securities Inc.

ベアマーケットにおける暗号通貨ETFの価値:ETF取引量は取引所で360億XNUMX万米ドルに達します

パート1:600以上のETFで、ETFの360日あたりの取引量はXNUMX億XNUMX万米ドルに達します

暗号市場の主要なプレーヤーは、主要なデジタル資産マネージャー(Grayscale、Purpose、および3iQ)と取引所(FTX、MEXC、およびBinance)を指します。 たとえば、Grayscaleによって発行されたビットコインETFは、CoinDesk Bitcoin Price Indexを追跡し、3iQはMVIS CryptoCompare InstitutionalIndexを追跡します。

現在、市場で取引されるETFには639種類以上あります。 一方、機関投資家のETFは、資産クラスが少なく、取引可能なETF商品も少なくなっています。 製品数が最も多いグレースケールは、BTC、ETF、AAVE、ADA、LINK、COMP、SOLなど、16の資産に関連する24のETFを発行しています。 3iQはBTC、ETF、LTCを含む6つの資産に関連する3つのETFを発行しました。 目的は、BTCとETHを含む4つの資産に関連する2つのETF製品をリリースしました。

取引所のETFは、より多様な資産とより取引可能なETF商品を持っています。 市場で最も多くの製品を提供しているMEXCは、Ether、Boca、Solana、Avalanche Protocol、Fantom、NFT、Meta-Universe、GameFi、DeFi、Layer386、DAOなどの172の資産を含む2のETFを発行しています。FTX 187の資産に関連する47のETFを発行し、Binanceは40の資産に関連する20のETFを発行しました。

機関投資信託は減少傾向にありますが、上場投資信託は上昇しています。 CoinGeckoによると、ETFが最初に暗号市場に導入された5,015年代初頭と比較して、過去492年間でMEXC ETFの2020日あたりの取引量はXNUMX%、FTXはXNUMX%増加しました。 取引量の増加は、市場が成熟し、流動性が高まっていることを意味します。これは、ETFの成長にとってよりポジティブです。

パート2:機関投資家のETFは引き続きマイナスのプレミアムを持っています。 最大理論利益平均MEXCの割合は518%を超えて最も高い

機関投資家が発行するすべてのETFの平均OTCプレミアムは、最初に上昇し、次に下降するプロセスを経ています。 2020年に新しい機関投資家向けETFが発行され始めたとき、OTCの平均月間リターンは基本的に10%を超え、時には最大23,51%に達することもあり、これは非常に印象的なレベルです。 2021年に入った後、平均OTC利回りは正から負に変わり始め、現在の-22,63%に低下しました。

ただし、取引所が発行するETFの状況は異なります。 取引所あたりの10日あたりの取引量が最も多い10のETFを見ると、今年これまでに30のETFのうち4が正の純資産の増加を示しており、そのうち3つはBinance、23つはBinanceです。 2月XNUMX日。

今年の最高の純利益は、MEXCが発行した5x ビットコインベアマーケット ETH(ETF5L / USDT)ETFで、127,20%の利益があります。 より高いゲインを持つ他のETFは、Binanceによって発行されたETFであり、MEXCによって発行されたショートETF(ETHDOWN / USDT)の最大4倍と5x BTCロングETF(BTC5L / USDT)であり、どちらも50以上のゲインを持っています。

最高の取引量FTXを持つ10のETFの平均最高理論純資産は182,49%しか増加せず、平均最低理論純資産は約-100%減少しました。 上位10のBinance最大ボリュームETFの平均ピーク理論純資産は、最小で約68,80%増加し、平均最低理論純資産は約-99,94%減少しました。 これらXNUMXつのタイプの平均利益パフォーマンスは比較的近いです。

パート3:レバレッジドETFは、リスクを管理する上で、特に長期保有に適していない場合に、永久投資信託よりも比較的効果的です。

第2に、これらのETFはレバレッジ商品であるため、レバレッジの倍数の影響を受けます。つまり、それぞれの原商品のスポット価格がx%増加または減少した場合、対応するレバレッジETF商品のn倍の純資産が増加または減少します。 nx%。 現在、5つの取引所によって立ち上げられたETFの理論上のレバレッジの倍数は342倍から386倍の範囲です。 MEXCを例にとると、3のETFのうち18が4倍のレバレッジを持ち、別の5が8倍のレバレッジと2倍のレバレッジを持ち、XNUMXつだけがXNUMX倍のレバレッジを持っています。 ただし、これは名目上のレバレッジであり、実際のレバレッジはリバランスメカニズムの影響を受けます。

リスク管理の目的で、主要取引所は独自のリバランスメカニズムを設定します。 例えば。 MEXCのリバランスメカニズムには、一時的なリバランスと非一時的なリバランスが含まれます。一時的なリバランスは、基本的にETFレバレッジを維持するために機能します。非一時的なリバランス用語は、原資産の価格が特定の範囲を超えて上昇または下降した場合の一時的な修正を指します。リバランスメカニズムを実現するには、主に複数のプラットフォームで他のデリバティブをヘッジすることで実現します。 リバランスと二重投資のメカニズムが存在するため、つまり、毎日の利益部分が自動的にポジションに転送されるため、ETFはレバレッジが低く、ブームがないという利点があります。先物に対するポジションと利点は、スポットに対して利益を拡大します。 、特に一方的な強気市場での過度のリターンの場合。

さらに、レバレッジETFは証拠金を必要とせず、強い終値を持たないため、先物契約よりも効率的に資本を利用できます。 MEXCが発行するBTC3L / USDTを見ると、ユーザーはレバレッジETFで、ポジションの一部を証拠金​​として使用せずに、スポットを売買しているかのようにポジションを開くことができます。強制閉鎖。

一般に、レバレッジETFのリスクはより制御可能ですが、レバレッジETFは原資産の日次リターンを追跡するため、リターンを追跡しないことに注意することが重要です。長期間。 市場が数日にわたって上下するため、長期保有はキャピタルロスを引き起こす可能性があり、また、毎日の資金調達手数料やポジションのリバランスなどの追加の損耗コストが発生する可能性があります。 さらに、投資家はレバレッジETFを売買する際に正味価格を考慮する必要があります。 市場センチメントのボラティリティにより、市場取引価格が一定期間NAVから逸脱する可能性があり、プレミアムが発生する可能性があります。 投資家にとって、彼らは日和見的に取引し、NAVから大きく外れた価格で取引しないように注意する必要があります。

クレオ・ハートマン

これは有料のプレスリリースであるため、Blogtienaoは、この記事の他のコンテンツ、正確性、品質、広告、製品、またはその他のリソースについて、保証も責任も負いません。 読者は、プロジェクトに関して行動を起こす前に、独自の調査を行う必要があります。 Blogtienaoは、プレスリリースに記載されているコンテンツ、商品、またはサービスの使用または信頼に起因または関連して発生した、または引き起こされたとされる損害または損失について、直接的または間接的に責任を負いません。

ETHUSD 永久スワップ 2週間ごとの更新

BitMEX における当社の強みの一つは金融革新です。当社は、いかなる金融市場にとっても、実にユニークな商品となる XBTUSD 永久スワップ を生み出しました。現在、 XBTUSD は、流動性を 10 倍に高めた、世界で最も流動性の高い仮想通貨商品で、 6 つの仮想通貨市場に導入されています。この成功の背景には、 ビットコインベアマーケット BitMEX が、クアント・プライシング・モデルを使って、ビットコインをマージンにした永久スワップを、 Ether / USD に対しても複製する方法を創造したということがあります。この商品が、 ETHUSD 永久スワップ です。この商品は、わずか 2 週間で、世界中で最も流動性の高い Ether / USD ( すなわち、米ドル相当 ) ペアとなり、 ETH/USD 価格ペアに対するスペキュレーションやヘッジングにとって、非常に重要な金融商品であることが判明しました。 BitMEX の ETHUSD スワップは、直近の 24 時間で、 800,000 ETH 相当が取引されています。 2 番目に流動性が高い ETH/USD および ETH/USDT の市場である、 Bitfinex および Binance における同期間中の取引量は、それぞれわずか ビットコインベアマーケット 500,000 ETH 弱でした。この商品のプライシングや取引にまだ不安がある場合は、当社の先週のニュースレターで、 ヘッジング および スペキュレーション において実際に機能した複数の事例を紹介していますので、どうぞご覧ください。皆さんの理解の助けとなるよう、当社は、 計算するためのダウンロード可能なスプレッドシートも作成しました。

Ether 2 桁のシットコイン

すべては 2017 年 2 月、タイの南方のビーチで始まりました。タイの国王が数ヶ月前に亡くなったため、パーティーのような雰囲気は自粛されていました。素晴らしい友達と最高のシットコイン・トレーダーの一人と共に、私たちは、パーティーを探しにビーチへと向かいました。当時、彼が抱えていたシットコインの大きなポジションのうちの一つは、 ビットコインベアマーケット PepeCash (ぺぺキャッシュ)でした。これは Cypto Kitties の前に出現したものです。内情に詳しい人にとっては、 PepeCash は ブロックチェーン上に作り出された “ レアペペ( rare pepe ) “ の一種です。次のキラーアプリであることは間違いありません。 PepeCash は、スマートフォン上で操作することができるため、私の友人は常に市場を監視していました。私たちは、賑やかなパーティーを見つけることはできませんでしたが、特別なカクテルを見つけました。バーテンダーは、私たちがならず者ではないと見抜き、キッチンに戻って本物の酒を持ってきました。それから数時間以上、私たちは、何マイルも歩き、興味深い旅行者や現地の人たちと出会い、シットコインに関して徹底的に話し合いました。車でホテルへ帰る途中、おかしなことに気づきました。私たちを乗せたタクシードライバーが、「 Pepe the Frog 」 というロゴの入った運転手用の帽子をかぶっていたのです。私は目を疑い、友人の肘をつつき、彼も、運転手が Pepe の帽子をかぶっていることを認めました。私の友人は、マーケットをチェックしようと、すぐにスマートフォンを取り出しました。マーケットの連中も、私たちと同じような経験をしていたのかもしれません。 Pepe Cash は上昇していたため、彼はさらに買い足しました。私たちはお互いに顔を見合わせ、それが、 ビットコインベアマーケット 2017 年に何か特別なことが起るサインだと知りました。 実際に起ったことは、私たちの想像をはるかに超えるものでした。 2017 年に実際に利益を上げたのは、 Ether ビットコインベアマーケット 保有者、シットコイン・プロジェクト、そしてプロモーターでした。尊敬を集めている仮想通貨の大半のヘッジファンドに対するシードキャピタルは、 Ether (イーサー) およびトークンプロジェクトのポジションに対して生じた、莫大なリターンから生み出されました。うらやましく思った従来型のベンチャーキャピタルは、彼らもシットコインに賭けようと、ファンドの一部を、ぎこちなく設計されたヘッジファンドに移し替えました。みんなが同じディールに群がり、「儲けた!」と思いました。 2017 年中はこれでうまく行きました。今、 Ether は $200 まで低下しています。トークンプロジェクトの中でうまくいったものでも、 2017 年の水準の半分にまで落ち込んでいます。最悪の場合は、ゼロをわずかに上回る水準です。このことから次のような疑問が生まれます。

  1. 2016 年の未実現利益を実際に実現したファンドはあったのか?
  2. ベンチャーキャピタルからヘッジファンドに転向した運用者は、マーク・トゥ・マーケットの損失を心理的にうまく扱うことができるのか?
  3. いくつのトークンプロジェクトが、実際に調達した Ehter の大部分、またはヘッジされた部分を売ったのか?

大きな門から入り、小さな門から出ろ

アジア太平洋のトレーダーとしてあなたが最初に学ぶ事柄のうちの一つは、どうやってポジションからエグジットするかということの方が、どうやってエンターするかということよりも重要だということです。私の最初のトレーディングブックは、ベトナムの証券でした。私たちのデスクは、ベトナム株式のバスケットに対して USD 建ての証券を発行しました。 2009 年にベトナムの株式市場のことを「ミッキーマウス」と呼べば、褒め言葉になっていたことでしょう。なんといっても、同一の株式に対しては、 1 日に片道でしか取引することができませんでした。買ったら、その日は買い続けるしかなく、売ることはできませんでした。 1 ビットコインベアマーケット 日あたりの値動きが上下 5 %に制限されていました。ニュースのある株は、どれも前場ですぐに限度価格に達してしまいました。このため、ブローカーに注文をファックスで送らなければならず、できるだけ早く注文の列に並ぶようにしなければなりませんでした。残念ながら、時々、ブローカーの方が、先に行っていることがありました。なぜなら、彼らは、ある特定の株について、あなたが取引できるだけの量を持っていることを知っていたからです。上司は私に、マーケットを観察するよう促しました。マーケットの構造を考えると、私がポジションを取れば、しばらくの間、そのポジションに捕らわれることになります。そして、エグジットしたいと思ったときには、ロングまたはショートのポジションから抜け出すために、強気で売り、弱気で買わなければならなくなります。私が ETF のマーケットメーカーになった頃は、例をいくつか挙げれば、インド、インドネシア、中国など、その他の「ミッキーマウス」市場で日常的に取引していました。これらのマーケットは、過去も今も、規制当局による急な判断で(しばしば一晩で)変動することがあります。これは、政治にコネクションのないトレーダーにとっては不利です。私は、ポジションからどうやったら抜け出せるか、ということを四六時中考えるようになりました。この癖は、仮想通貨市場において役立ちました。私の最初のボスは、すべてはトレーダーとしての私のミスだと教えてくれました。確かにコントロール不可能なことはたくさんありますが、そのような考え方で仕事に臨むのなら、コントロールできないことに含まれるすべてのリスクを定量化し、緩和するよう試みるでしょう。私の長くて退屈な話の要点は、大半のベンチャーキャピタルは、こうしたメンタリティーで投資を行っているわけではない、ということです。彼らの投資は流動性が低いため、幻想を抱かせ、驚くようなリターンをただ紙に書いて示すことで、報酬を得られるのです。セカンダリーマーケットにおける彼らの投資の検証だけが、次の資金調達手段ですが、これも友人を巻き込めば、いつでも簡単に値を上げることができます。ギブアンドテイクです。ベンチャーキャピタルの投資家は、客観的で、流動性のあるセカンダリー市場でのバリュエーションを提示することができるため、ブルマーケット(強気相場)でのイニシャル・コイン・オファリング(新規仮想通貨公開)を好みました。彼らは、 2017 年と 2018 年初めに、より大きなシットコイン・ファンドを募集するために、こうした驚くようなリターンを使いました。しかし、客観性と透明性は、シットコインのポートフォリオが、最低でも 50 %下落しているような状況では好ましくありません。ファンドのビンテージによっては上昇したかもしれませんが、大半の資金は、 2017 年下半期から 2018 年下半期にかけて調達され、投資されました。これが何を意味するかというと、最近投資をした人たちは、損失を被る可能性が最も高いということです。マーケットの予測のつかない変化に苦しんだことのない人たちは、損をする可能性が高いということです。マーケットの予測のつかない変化に苦しんだことのないベンチャーキャピタルの投資家は、数日後に 1 から 100 ビットコインまで上がると考える初心者と同じくらい青い(新米な)のです。彼らには、さらに損失が膨らんだり、倒産したりするのを防ぎ、たとえ損をしてでも、いつか押し目で買うチャンスを利用するために、ポジションを切り捨てるというメンタルな強さがないのです。さらに重要なことに、リミテッド・パートナーたちは、特定のトークンに対する客観的な直近の価格を見ることができるので、騙されません。彼らは、結果論から色々と言おうとしますが、それはベンチャーキャピタルの投資家の不安を増幅させるだけです。ある時点で、彼らは「損切り」に走り、投げ売りできるものは皆処分します。今、 ビットコインベアマーケット Ether は、 3 桁から 2 桁のシットコインになろうとしています。

SAFT やその他のプライベート・トークンがモンスターのようになる前は、大半のマネーは、リテールのトークン投資家から集められていました。今では、プロジェクトが業務停止になるのを恐れて、たいていは適格な投資家しか受け入れません。適格な投資家は、その富と豊富な手段により、新たなテクノロジーのプロジェクトに入る手段を常に持ち合わせていました。こうした投資家たちは、非常に集中しています。業界のやり方に同意するすべてのプロジェクトに 100 万ドルから 500 万ドルを投資できるファンドの数は限られています。しかし、これらの門番が、機関投資家という大海原をコントロールしているのです。ソフトバンクの「ビジョンファンド」は 1,000 億ドルです。ですから、より幅広い投資家から金を集めるどころか、大金を調達するプロジェクトのトークン保有者の数は、 2017 年半ばに急激に減少し始めました。清算優先権は、プライスカーブに沿って分散した状態から、非常に集中した状態へと移行しました。すべてのベンチャーキャピタルは、同じ資本プールを取り合います。これらの資本プールは皆、同じ学校、同じ金融資格試験を合格したプロを雇います。だから、みんな同時に売ったり買ったりするのです。マネーマネジメントにおける最も大きなリスクは、キャリアリスクです。ほかの人と一緒に損をした方が、ひとりで損をするより良いのです。ひとりで損をすると、自分の仕事を犠牲にすることになります。熟練者に必要とされるスキルに対して、金融機関ほどの報酬を払ってくれる職業はほかにありません。私の友人のうちの一人が、 Excel のスプレッドシートで sumproduct 関数を使って ETF の NAV の計算ができるから、自分は能力があるのだと主張しようとしていたことを思い出します。こういう人には「 # 思い込みが激しい人」というハッシュタグを付けたいくらいです。ベンチャーキャピタルのトークンへの投資家たちは、皆同時に売却の決断をするでしょう。売らずにそのままマーケットが下がり続けたら、あなたは仕事を失います。だから皆が同時に売りに走るのです。でも、そんなにいっぺんに売りに出されたものを、一度に平らげられる人がどこにいますか? リテールは無理でしょう。機関投資家から資金流入がなければ、そんなに取引が大きくなることはあり得ません。だから、私たちは gap を下げるのです。まずはトークン、そして本丸の Ether に対してです。どこが天井なのか、私には分かりませんが、後になってみれば、いつ売りに転じたのかは明らかでしょう。持続可能なトークンエコノミーが存在すると信じる人たちはいます。しかし彼らは、これらの水準では買おうとしないでしょう。 100 ドルを下回れば、 2017 年の春の水準にまで戻るということです。そこまで下がれば、食べ頃です。

ビットコイン $5,000 が現時点での底値

ビットコインは、これまでの最高値である $20,000 から 70% 近く低下しています。ベアマーケット(弱気市場)です。どこがボトムなのか、そして、それはいつなのか?私の予想では、 2015 年のベアマーケットと同様、平均的なマイナーが ASIG を停止したときがその地域のボトム価格になるでしょう。直近のベアマーケットのレンジは $200 – $250 でした。価格の低下に伴い、注目を浴びていた様々なマイナーが沈んでいきました。 KnC と Spondoolies のふたつが犠牲になりました。最も驚いたのは、 2015 年 3 月に、この難しい局面が、実際に和らいだことです。価格が上昇する 7 カ月前のことでしたが、これは、マイナーが被った痛手の規模を示しています。今、 SEC 公認の ETF が我々を救うというような前向きな材料がないとすると、どこが底なのでしょうか? 私は、マイナーが彼らのマシンを停止し始めるときが重要なポイントだと思います。だとすると、ビットコインの限界費用はいくらなのでしょうか? 数日前、私は、世界最大のマイニング施設のオペレーターの一人と話をしました。彼は、中国のマイナーの平均的な電気代は、すべて込み込みで 1 キロワットアワーあたり 6 から 7 セントだと教えてくれました。この水準では、価格がおおよそ $5,000 になると、マイナーたちはオペレーションを変更し、マシンをより安い地域に移動することを検討し始めるだろう、と彼は予測しました。 $3,000 から $4,000 になれば、これらのマイナーたちは、完全にマシンをシャットダウンし始めるでしょう。しかし、これらのおおまかな予想は、 7nm のチップスを使っているマイナーが、あまり効率的に働かないか、 2019 年まで売られないことを前提としています。 Bitmain 、 Dragonmint 、 GMO は皆、先を争ってこうしたマイナーを構築しようとしています。 7nm のマイナーをマーケットに持ち込むことに成功した企業は、間違いなく、平均的なマイニングファームの限界費用を下げることになります。そして、比較的古い世代のマイニング機を駆逐することになるでしょう。価格がハッシュレートを先導し、最終的なブレークイーブン水準の確認は、難局が実際に和らぐかどうかです。それには、ハッシュレートが下落するほど弱気相場が続き、十分な数のマイナーがシャットダウンする必要があるでしょう。

時期不明な IPO はいつなのか

皆が、 Bitmain の IPO について話しています。すでに企業の士気を高める初期段階を過ぎたのなら、上場企業を経営することが次善の策になります。なぜ企業の株式を公開するかというと、長期的な投資家、従業員、経営陣にとって、企業を何倍もの値段で売ることができるからです。企業は、事業拡大を支えるための多額の資本を調達するためにも IPO を行います。上場企業になれば、経営に対する精査は決して終わることなく続きます。間違ったことを言えば、何年も刑務所にいられる可能性があります。あのフェイスブックの創業者であるマーク・ザッカーバーグが、好き好んで、何も知らない連邦議会議員や女性たちに、人前でこきおろされたいと思いますか? テスラ社が、もともと公開市場で株式を売ることによって多額の資金を調達する必要がなかったのなら、 CEO であるイーロンは、きっと未公開会社のままにしていたでしょう。 Bitmain は、最も価値のある、また最も儲けの出ている仮想通貨会社です。公表された数字が真実だとすれば、 2017 年には 20 億ドル以上の利益を生み出したことになります。ほかのメーカーとは異なり、 Bitmain のクライアントは注文を前払いします。販売前の唯一の支出は、彼らの主要な半導体を伴ったチップに対する頭金です。 Bitmain は、ドル箱事業を持っていますが、今は IPO をやりたいのです。同社は、ビジネスを拡大するために資金調達が必要なわけではありません。研究開発のためのキャッシュフローは潤沢です。彼らはすでに最大のマーケットシェアを保有しているので、値段を下げることにより、流通チャネルを掌握する必要もありません。唯一の結論は、彼らは、マイニングの中期的な利益は急激に低下する、と考えているということです。 Bitmain は、 AI チップの成長戦略を売りにしていますが、本当のところは、徹頭徹尾、仮想通貨会社なのです。仮想通貨会社は、ほかの比較可能な業界の似たような会社に比べて、非常に割安な株価収益率で取引されています。私は、今年、 Poloniex や Bitstamp を売った仮想通貨取引所は、株価収益率 4 倍から 6 倍で取引したとみています。( Bistamp の売却はまだ確認されていませんが、あらゆる仮想通貨のニュースが、 2018 年初めに売却された可能性が高いと報じました。) ICE や CME などの公開取引所は、 20 倍から 30 倍の株価収益率で取引しています。仮想通貨市場が、 2017 年第 4 四半期のように大規模なブルマーケット(強気市場)なら、公開市場に資金が流入するかもしれませんが、ビットコインが 70 %も低下しているときにそういうことはありません。さらに、 Bitmain は、マイニングの収益性が劇的に落ち込む前に、マーケットの天井をつかもうとしているのだと予想されます。マネージメントは、価格は持続的に低下して、 $5,000 かそれを下回るところまで行く可能性が高いという見方をしています。この値段では、彼らの目玉商品 S9 マイナーの売上は低下するでしょう。彼らは IPO ビットコインベアマーケット によって利益を実現することができますし、ベアマーケットである間にキャッシュリッチでいられます。この軍資金で、比較的金銭的にゆとりのないライバル企業のうちのいくつかを買収することができます。市場が反転したとき、彼らは、誰もライバルのいない有利なポジションにいることでしょう。

上方リスク – SEC 公認の ETF

9 月末に、 SEC は、多くの ETF 出願に対してルールを課すでしょう。彼らは、よくあるプレッシャーに屈服するのでしょうか? 仮想通貨は、 70 %下落しているときでさえ、ほかのアセットクラスより、はるかにエキサイティングです。取引所、アセットマネジャー、投資銀行などはすべて、入りたがっています。唯一の抑制要因は規制当局です。 K ストリートのロビイストたちと共に、米国議会の議員たちを説得すれば、どんな理不尽な要求も通すことができます。仮想通貨のロビーが、 SEC に勝ち、 ETF が承認されれば、ショートスクィーズの源となるすべての動きに警戒してください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる